ねぎラーメン

Exif_JPEG_PICTURE

おチュウはラーメン好きです。

ねぎ好きでもあります。

したがって、

ねぎラーメンは当然のごとく好物です。

 

とあるラーメン屋へ

ゆうチュウと初めて入った時のことです。

ねぎラーメンを注文しようと思ったものの、

テーブルにねぎの入った容器が ——-

 

Exif_JPEG_PICTURE

これ、好きなだけ入れていいんだよね!

ここでねぎラーメン注文する人なんて

いるわけないよね。

 

しかし、

好きなだけ入れて下さいって言われても

かえって遠慮してしまう。

試されているような気分というか ——

 

もっと入れろよ!

タダなんだよ!

心の中で欲望が叫んでいますが、

おチュウの品位を落とすなとも良心が言っています。

 

しばらく葛藤の末、

落としどころを探り、

程々の量で決着しました。

 

こんなことで、

実にちいせえ人間です。