イチジクを味わう

Exif_JPEG_PICTURE

スーパーで懐かしいものを見つけました。

イチジクの身が程よい色に熟し、

1パック4個で売っています。

 

よく見ると和歌山産

子供のころ

自生のイチジクの木があちこちに生えており

この季節適当にイチジクの実を取り

食べたものです。

 

おいしかったという記憶もなく

他に食べるものが無かったからという

消極的理由だったと ——-

だから、もう50年近く食べてないよな ——

 

ふとあのころを思い出し

食べてみたくなりました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

まあまあの値段 ——-

買って帰りました。

さっそく食べてみましたが

その独特の味が口の中に広がり

当時味わった感触を思い出しました。

ああやっぱりこの味だ

 

特に美味しいという感覚もなく、

ただ懐かしさが蘇っただけ

 

おチュウはこの味は終生苦手なんだ

ということが再認識されたようです —–