ハロウィンの季節

Exif_JPEG_PICTURE

商店街です。

今月に入り、様相が一変しています。ハロウィンというやつです。

というやつという表現自体、少し距離を置いたチュウの心を表しているのかも知れません。

かぼちゃのお化けが至る所に垂れ下がり、遠目にオレンジ色に見えたりもします。

おチュウの小さい頃は、サンタさんだけでした。次に、バレンタインが加わりましたが、おチュウとは無縁の世界でした。そして、ハロウィンです。

思い返せば、ゆうチュウとはじめてデートで見た映画が、ステイブン・スピルバーグ監督のE.T.でした。

ハロウインの夜、仮装した人々が街中にあふれ、これに乗じてE.T.が子供たちと街を歩くシーンがありました。

あの頃からでしょう。少しずつ、しかも着実に日本に広がっていったのは。

だから当然、子供の頃ハロウインで楽しんだ記憶が当然ないのです。おチュウには他人事に過ぎないため、ハロウインはというやつなのです。