野球の未来

少年野球の人口が減少傾向にあり、サッカーに人気で抜かれてしまったといわれる昨今です。

そういわれると、なぜかサッカー少年の方がかっこよく見えてしまいます。

不思議なものです。

 

でもこのように、少年時代から日々の練習に打ち込む姿を見るにつけ、まだまだ野球少年もいるんだとおじさん世代はうれしくなってしまいます。

 

是非将来の阪神タイガースを背負って立つ選手に育ってほしい。

心からそう願うおチュウです。

 

しかし、どこまで走るのかふと考え込んでしまいました。

グラウンドまで?

そうだとすれば河川敷まではまだずっと先の先。

到着するころにはバテバテになっているのでは?

いや若いんだ! これしきの事で

ついついおチュウは自分の体力で物事を考えてしまうようになってしまっています。

老いていく立場と、成長していく立場の違い

そういうことです。