関東煮の権兵衛でひと時を過ごす

裏天満の象徴的存在だと常々思っている、関東煮の権兵衛に立ち寄りました。長年気になっていた店ですが、ついにここでビールを飲みながらおでんを食べひと時を過ごしました。暖簾をくぐってみると、なんとなくレトロ感漂う懐かしさが込み上げてきて、本来のおでんを感じさせるノスタルジックななにかを味わうことができました。ここはまだ昭和がしっかり存在していそう。

関東煮とおでんが同じかどうかという議論もありますが、関西人から見て関東にあるおでんを関東煮と呼んだのではという説をおチュウは信じているので、同じものという認識です。見た目も同じだし、関東と関西で若干具は違いますが、それは単に生活環境の違いであって、基本的形態は類似しています。

で、裏天満の交差点です。

午前中に通ると、なんの存在感もなく、普通に角を曲がってJR天満駅の方へ。あれ、どこだっけ?というほど、店の痕跡がありません。

それが夕方になると、やたら目につく赤の暖簾が垂れ下がり、いつの間にか出っ張ったスペースが出現。関東煮の具材がぐつぐつと ‥‥。その頃にはもう客が何人も立ち飲みしており、話し声が聞こえてくる。

暖簾で上半身は隠れているので、中の様子が分からず何となく入りづらい。ということで、また今度にしよっと。‥‥で、通り過ぎてしまう。そんなことを繰り返すこと、7年近く。もうそろそろ入っておかないと。時々垣間見えるおばちゃんも結構歳みたいだし。

ということで、やっと行きました。

午後四時半ころ。暖簾くぐると、奥におばちゃんがいて一言、5時からですあっ、そう。また

仕方ないので、その日は引き下がり、別の日に再びトライ 5時10分ごろ暖簾くぐると、すでに男女二名がビール飲んで、おでんパクついている。

すかさず、ビール キリン?アサヒ? キリン 

どうも奥の張り紙ではビール一本500円らしい 

適当に取ったらええの? いえ、取ります。 

じゃあ、土手焼き、こんにゃく、はんぺん ‥‥という調子で開始。

少し遅れて、おじさん2人ずれも。常連らしい。

卵の出汁浸みこんだやつ まだ浅い そう、じゃあちくわ ‥‥みたいな会話で、横で大声で話し出す。

そのうち、おチュウのビールもなくなり、お暇することに。

いくら? えーと800円

それにしても、ペラペラの暖簾の布一枚隔てただけで、中から外を見る景色はずいぶん違う。枠内で立っているだけなのに、ちょっとした昭和の世界観 おでんも旧来のおでんのにおいがして懐かしさを感じたおチュウです。

 

東京から大阪へ、JR高速バス昼特急で

先日はるチュウくんの引越しで東京からの帰り、JR高速バスを利用しました。発車時刻と乗車時間およびバスのシートなど勘案し、プレミアム昼特急11号に決定。昼間の時間帯では、グレードが一番いいようです。しかし、途中二度渋滞に巻き込まれ、結局予定より1時間程度余分にかかってしまいました。仕方ないよね。

昼間のダイヤを見ると乗車時間は8~9時間 昼間は合計7便もあるのか! プレミアム昼特急は他より乗車時間40分程度短い。でも8時間超えると誤差の範囲内かもしれないが‥‥。

他の便は料金は三列シートで6300円、四列シートで4900円、プレミアム昼特急はプレミアムシート7900円ですでに満席なので、スーパーシート6500円をネット予約。すると若干の割引があって6270円

東京駅八重洲南口から11:10に発車。19:20にはJR大阪駅前に運んでくれる手はず。

当日は帰るだけだし、少しは旅気分を味わおうとバスを選びました。

天気が快晴なら富士山でも見ながらと思っていたのが、結構な荒れ模様、雨は降るわ、風は強いわ、その上かなり寒い

発車時間が11時過ぎだから、すぐに昼飯になるため、崎陽軒のシュウマイ弁当を買い乗り込みました。おチュウはシュウマイ弁当を食べるのは初めてです。読売の朝番組す・またんで森アナが崎陽軒のシュウマイ弁当をやたらと押しているので、買ってみることにしました。

さっそく昼飯。なかなかおいしい。けれど、食い意地が張っていたため、包み紙を開けた途端食事に集中。中身の写真撮るの忘れてしまう。

外は雨で相当寒いが、車内は暖房のせいで暖かい。ということで、快適なんだけど窓ガラスがくもり外が見えません。さらに30分も走ると渋滞に巻き込まれてしまった。

足柄と浜松のサービスエリアで休憩するも、厳しい雨と風と寒さでトイレの往復のみ。やっと名古屋過ぎた辺りから荒天が少しおさまる。でも相変わらず窓は曇って外見えず。甲南サービスエリアでは雨はやんでいた。

京都手前で再び渋滞に捕まり、けっきょく大阪駅前に予定より一時間遅れて到着。

バスは満員だったが、京都深草で半分近く降りていった。

やっと着きました。悪天候のため外の景色を楽しんだわけでもなく、ただただ車の中に長時間いたというだけのバス旅でした。途中からスマホで位置確認しながら、あとどれくらいか今どの辺りかなど無意味なトレースをしたりもしたが、徐々に時間間隔がマヒしてきて、大阪駅に到着してみれば、案外早かったのではと錯覚してしまったのも変だ。

まあこんなものかもしれない。新幹線でも飽きる時は飽きるし、時間の長短ではない。要は楽しめたかどうかだけの話で、楽しめなければ乗ってる時間が短くても退屈以外ないということを再確認しました。前半楽しんで後半退屈そんな感じ。たぶんまた利用するとは思います。ただし、天気の良い日に!

>とくたび バス旅スペシャル

価格:840円
(2017/3/29 18:23時点)
感想(1件)

ここは大阪だと実感する瞬間

街並みや道行く人の服装などを見ているだけでは、ここはどこなのかわからなくなることがありますが、ここは大阪だと再認識させてくれる瞬間があります。広告などに何気に書かれた大阪弁。大阪名物の看板に使われるとさらに威力を発揮している。

 デパートやモールに出かけても、東京や海外から進出してきた有名専門店やチェーン店の多さに驚く。しかし、住んでいる人は大阪人に変わりありません。その結果、販売方針がなにわの嗜好を読み切れず、短期間に店じまいをする店やデパートを見かけたりします。

全体的に大阪色が薄れていっているものだから、一瞬ここが大阪なのか東京なのか別の都市なのか。そんなことを感じるおチュウではあります。

 ところが、何気に街の看板を見ていると、大阪弁でちょっとしたフレーズを書いている店を見かけます。そんな店に限って大阪名物を販売していることが多く、その文字を目にした瞬間、おチュウは今大阪にいるんだとの認識を強くするわけです。

 

一方で、故郷和歌山のバス停にはこのような広告があります。これを理解できる人は恐らく和歌山の地のもん以外さほど多くはないはず。

危ないさかい走行中や信号待ちで座席写らんといてや

あわてやんでゆっくり降りたらええわよお

こけて骨折する人がいに増えてきちゃーるで

いごかんとじっと座ってるしか安全やし

おチュウには分かります。

18歳で和歌山を後にして、すでに40年以上。でも生まれ育った土地の言葉はイントネーション込みでDNAに浸み込んでいて、決して消え去ることはないのです。が、別にこれ標準語でもいいのでは?その方が分かりやすいのに。と、ふと感じたりもする。

 でも、注意喚起している対象者は、ほぼ和歌山で今まで生きてきた年配の人かもしれない。消えゆく地方なまりにどっぷりつかった人たちだから、親近感を持って読んでくれるかもしれません。

>イワタニ カセットガスたこ焼き器 スーパー炎たこ CB-ETK-1 ブロンズ&ブラック【楽天24】【あす楽対応】[Iwatani(イワタニ) たこ焼き器]

価格:5,378円
(2017/3/29 06:15時点)
感想(37件)

阪急そばの和風ちゃんぽん

阪急沿線に住んでいないので、ほとんど入ったことはありません。本日たまたま歩いていると阪急そばの店があり、しかも昼時。入ってみるか。お勧めとして和風ちゃんぽん 500円が前面に。初めて聞く名前だが、一度食べてみよう。注文しました。

JR摂津冨田駅で降り、少し歩くとすぐまた踏切に出くわしました。阪急も通っているのか。 ひっきりなしに遮断機が下り、開かずの踏切に近い

やっと渡り、右を見ると阪急の駅があり、道路沿いに阪急そば 昼時だから一度入ってみよう

おばちゃんが一人でやっているみたい。

食券買うの? いえ、うちはそんなもんありません。何します?

カウンター正面に大きな写真があり、和風ちゃんぽんとあります。これが一押しだな。この手の店では、きざみうどん以外注文しないおチュウではありますが、心が揺さぶられ一押しの和風ちゃんぽんを注文。立ち食いそば的な店ではスピードも売りだけど、具がちゃんぽんゆえか、やけに時間待ちとなる。

はいどうぞ

目の前に和風ちゃんぽん

豚肉、タケノコ、かまぼこ、ねぎ、玉ねぎ、ニンジン、白菜などがうどんにのっている。

一口食べるととろみのある出汁に、こしが今一つのうどん。これは大阪うどんの変形だろうか?

出汁は薄味でまあまあ。

通常のちゃんぽんに比べどこがどう違うかということですが、中華麺がうどんに、具は店によって違うからいいとして、出汁が和風のうどん系統に、あと具の上に練ショウガが乗っている。以上で和風とネーミング。まあそういうことのようだ。

 

値段的には、メニューを見る限り、他の品と比較すればきざみうどんわかめうどんが310円だから他店と変わらない。それから考えると500円はけっこう高い。

要はこの店の一押し自信作なのか。一押しとまではいかないが材料費がかかってしまったのでこの値段になってしまったのか。その辺はおチュウにはわからない。カウンターの向こうのおばちゃんが考え出したわけではなさそうなので、聞かないことにした。

感動するほどのうまさとは言えないが、普通に味わえました。ただ、おチュウの心の中では、別にきざみうどんでもよかったんじゃないかという思いも若干。まあそんなとこです。

>後払い可!☆3月30日発送可!道頓堀 今井 うどん3種・4人前セット【クール便送料込み】ご家庭向けパッケージ 残暑見舞い 送料無料 大阪うどん とりよせ お取り寄せ 敬老の日 うどん ギフト お歳暮【楽天スーパーセール】【02P03Sep16】【りかの良品】

価格:4,588円
(2017/3/27 20:36時点)
感想(17件)

天満酒蔵でちょい飲み

天神橋筋五丁目(天五)の天満酒蔵(さかぐら)です。以前から気にはなっていたのでが、先日ふらっと入ってみました。外から見たざわつき感とは違い、案外ゆったりした空間でした。

 JR天満駅から天神橋筋商店街に出て、右方向に数十メートル歩くと、左手にあります。入り口が開いている時ちらっと中を見ると、店内は幅が狭く縦長の空間で結構奥行きがありそうなウナギの寝床的居酒屋です。大体は満席状態で、左面のカウンターにずらっとおっちゃん中心にいろんな客が座っています。

かの酒場放浪記で有名な吉田類さんも紹介している天五の老舗的飲み屋ですが、その混雑状況から一人で入るのも気が引けていました。天満には数えきれないほどの飲み屋があるので、わざわざ無理してここでなければならないという理由もなく、おチュウは通り過ぎてきたのです。

 実際入ってみると、中ほどに一席開いていたので座れました。刺身がケースに並んでいたので、好物のカツオの刺身を注文、湯豆腐もあるねえ。これも注文。外は少し肌寒いからビールという気にはなれないので、熱燗。まあちょろっと飲むだけだからこれくらいにしておこうか

 注文を言い終わる間もなく、

ハイお待ち

早や!

おチュウは熱燗をお猪口に注ぎ、ぐいっと一気に流し込む

うーん しみるう

このカツオ まあまあうまいじゃないか

湯豆腐はこんなもんか。あったまるねえ 

右横のおっちゃんは、文庫本を広げ一人で熱燗をチビチビやりながら自分の世界に入っとる。左手のじいさんは入り口に備え付けのテレビを見ながら、一人ぶつくさ。まあこんな人たちが両横に座っていると、おチュウも人目を気にせずゆっくり飲めますわ

さて、今日はこれくらいにしておこうっと

いくら?

870円

安!

ちょっと立ち寄るには最高の場所のようです。多分また来る。