残す勇気と満腹感の狭間

目の前に並んだご馳走に一度手を付けると
もはや料理がなくなるまで
なかなかやめることはできないものです。

少なくともおチュウの場合はそうです。
と、断っておきます。
そうではない方もおられるかもしれないので

欲望は料理を口に運ぶに従い高まって行き、
加速がついてしまったものは
もはや満腹でこれ以上無理という段階まで突き進んでしまいます。

この辺でやめておけば
明日以降の体重調整も楽かもしれないなあ。
でも ‥‥今が良ければいいか
なんて、楽観主義が頭をもたげてきて
気が付けば目の前の料理は全て胃袋へ

満腹感と虚しさが交錯する
得も言われぬ状況が醸し出されているのです。

途中でやめる勇気
それは尊いかもしれないけれど ‥‥

そして、今日も再び ‥‥

ああこんなことしながら人生が終わるんだろうなあ



ヒアリにヒヤリとする世相

交通手段が発達し物流が盛んになると、
これに便乗して
ちゃっかりと日本にやってくる連中も増えてきます。

たまたま強い毒を持っていたために
人様の目の敵にされております。

これが温厚なアリだったら
ひっそりと日本の各地に広がり生活していくんだろうなあ。
ヒアリはそう思っているに違いありません。

数十年前
セイタカアワダチソウがやってきた時も
アレルギーを引き起こすと大騒ぎになりました。

おチュウもその凄まじい繁殖力を目の当たりにして
日本中セイタカアワダチソウになってしまうのではないかと
脅威に感じたものです。

でも今ではアレルゲンの濡れ衣は晴れ、
当たり前のように日本で生きております。

たぶん昔から日本にやってきた生物は
相当数いるのでしょう。

いずれヒアリも対処方法が確立され
人様の敵対心が低下していく。
気付くと昔から日本で生活しているがごとく生きているのでしょう。

その頃になると
また別の厄介者がやって来て
世間をざわつかせる。

そんなもんなんでしょうねえ。

体内時計と目覚まし時計

人の体というものは
いい加減なようで割りと正確

いつも6時に起きるようにしていると
毎日ほぼその時間に起きるようになる。

そうなると、もはや目覚まし時計は必要なくなり、
単なるの時計に成り下がってしまう。

何かの都合で、
明朝4時に起きなければならなくなった時、
再び目覚まし時計の出番がやってくる。

しかし、日頃滅多に使うことがないため
目覚ましの時間設定が慣れていない。

そして、セッテイングを間違えてしまうことがある。
たとえばOFFにしたままとかよくある。

すると、当然4時には起きられない。
それはおチュウのミスであって、目覚ましの責任ではない。
でもなぜか目覚ましの信頼度が落ちてしまう。

時間設定のしづらい時計だとか ‥‥

人とは勝手なもので、
体内時計と目覚まし時計は正確で、
感情だけがいい加減だというお話。

お名前.com

冬の寒さが懐かしい

拝啓
冬の寒さが懐かしく感じられる今日この頃ですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか

思わずこのような手紙を書いてしまいそうになる
灼熱地獄の日々が続いております。

おチュウは日々汗まみれになりながらも
一瞬の冷風に活路を求めております。

不思議なものです。
エアコンや扇風機は瞬時に体温を下げてはくれますが、
ときに不自然な形で体全体が冷えてしまったり、
それによって体調不良にも陥りがちになります。

しかし、
こんな苛酷な状況下におきましても、
なぜか
食欲だけは落ちません!

せっかくダイエットしているつもりが
食欲もりもり

残念としか言いようがなく ‥‥

このまま引き続き
食欲の秋に突入しないことを祈るばかりです。😭

 

アイリスオーヤマ アイスクリームメーカー バニラミント ICM01-VM

新品価格
¥1,480から
(2017/7/28 04:18時点)

夜釣りと うな重

先日の土用の丑の日にうな重を食べました。
今年は、7月25日と8月6日に二度も土用の丑の日があるそうですが、
たぶん8月6日は食べないと思います。

若いころ夜釣りに出かけたことがありました。
その日は闇夜で、
魚が釣れても
手元に引き寄せるまでは姿がよくわかりません。

釣り始めてしばらくしてアタリがありました。

ウナギが釣れたのですが、
ウナギを釣った経験はありませんでした。

初めてです。

なので、
ウナギが釣れることは全くの想定外です。
つまり、釣り糸を引き寄せ手元に来るまで
それが何なのかよくわからないのです。

長いものがぐにゃぐにゃしながら
暗闇の向こうからやってくる感じ

おチュウはヘビは大の苦手なので、
真っ先にヘビが釣れたんだと思い込んでしまいました。

あの時の恐怖は未だに記憶にあり
ウナギを食べるときは必ず思い出すのです。

ウナギを釣ったのは、後にも先にもその時だけでした。
だから余計に印象に残っているのでしょう。

つまり、その ‥‥
今年はあの夜釣りの記憶を、
すでに先日のうな重で思い出してしまったので、

たぶん8月6日はうなぎは食べないと思います。

 

うな重 などに最適! 象足千筋 丼重 /黒内朱塗【越前漆器】うなぎ

価格:783円
(2017/7/26 21:28時点)
感想(12件)