大型連休とともに子供いなくなる

いい天気です。
雲一つなく晴れ渡り、温かい日差しが照り付けています。

休みともなると、
朝から野球少年の諸君で満ち溢れているのですが、
はてグラウンドには誰もいないんですがねえ?

深緑の桜の木陰にはおじさんが一人 ぽつんと、
詩吟の練習をしています。 😥

‥‥ どういうこと? 😯

少し間を置き、おチュウは気づきました。
大型連休が始まっているのです。
なるほど、家族旅行優先の時代なんだ。

昔は連休だろうが何だろうが、
野球優先でした。
でも今はファミリー優先!

きっと野球少年も今頃は ‥‥、
ワイキキビーチで寝そべっていたりして  😯

ちょっと絵にはならないけど、
それも良いんじゃないかなとおチュウは思ったのです。



猫と認知症

「健康診断のお知らせ」という封書が届いていました。
開けると認知症の予防のためにという用紙があり、
はつらつ脳活性化3つの輪とあります。 😐

つまり認知症にならないための心得ですが、
その1つに頭を使うがあります。
日ごろの意識的な思考の重要性を指摘しているわけです。

柔軟な思考を忘れないようにということなのでしょう。

考えることの重要性を思いながら歩いていると、
涼しい風が吹き、
初夏の日差しを受けながら、
猫が気持ちよさそうに横になっています。

食事を終えたのでしょうか。
満腹でうとうと、
もうちょっと寝ようかななんて ‥‥

欲望のままに寝てはおき食べては寝る ‥‥。
おチュウもややもすると猫に近いのかもしれません。

あんたの世界でも認知症はあるのかい?
そう問いかけていました。 😀



薬膳料理を食べようとする心境

ゆうチュウさんと薬膳料理を食べるため奈良に行きました。

なぜ急に?
つまり ‥‥ なんとなく ‥‥
不健康な食生活を送っているのではないだろうか?
そういう根拠のない不安があるわけです。

するとその前提で物事を考えてしまい、
日々体に悪いものが体内に蓄積されていく  🙁
これはだめだ!
デドックスだ!

早々に結論と対策が出てしまい、
なぜか薬膳料理に救いを求めるという心境です。

南無阿弥陀仏を唱えるだけで、
極楽浄土に行けるという
かつての一向宗の心境でしょうか!

しかしながら、
別に病にかかっているわけでもなく、
風邪すら引かない日常生活です。
漠然とした不安などだれでもあります。

たしかに体はダブついているのも事実。
以前にも増して水に浮きやすい体質にはなっています。

でもそれと病とは直接関係もなく、
薬膳がいいのかすらわかりません。
人間の欲望とはとどまることを知らないのであります。

もっと健康に! そしてもっと若々しく ‥‥

それ自体は別に悪いことではありません。
そういった高い目標を持ち、不断の努力が大切なのです。

あくまで一回の薬膳料理ですべてを解決しようとする、
その心根が問題であることは論を待たないでしょう。

まあそれすらさておいて、
ほんのちょっとだけでもデドックスできればという軽い気持ち、
これも重要です。

ということで、奈良に行ってきました。
今春は奈良行きが多いですが、
古都奈良も同時に散策できるので内容充実の旅でした。

しかし、帰ってきた翌日から食欲旺盛で
カツやら油ものぱくつくのもいかがなものか!

まあ、生きてる間に楽しまないとね。  😯

 

【ふるさと納税】<日付指定OK> ハウス PERFECT VITAMIN 1日のビタミン グレープフルーツ味 190g×1ケース(30本)HOUSE

花壇に野に咲く花を感じるとき

山野に花が咲きほこる季節となりました。

草茂る中にポツリポツリと色とりどりに咲く花は、
あちらこちらと統制感なく咲いていても、
却って自然を感じさせてくれるものでしょう。

一方、花壇に植わった草花は、
人為的に植えられているものの、
統制感が取れて色鮮やかで素晴らしさがあります。

しかし、これも手入れが行き届いていればの話です。 😕

最悪なのは中途半端に雑草が生い茂り、
野放図に花が咲いている場合でしょう。

もはや統制感はなく、
したがって芸術的意図も何も感じません。

それを絵にかいたような光景に出くわしてしまい、
咲いている花が気の毒になりました。 😥

しかし、これも見ようによっては自然に帰っただけなのかもしれません。
そう思うようにしました。

 

サカタのタネ 実咲花5901 花絵の具 ミックスフラワーガーデン 00905901

襟を正させる雰囲気とは

先日参拝した神宮です。
鳥居をくぐり本殿に至るまで相当歩きました。 😕

広大な敷地は塵ひとつなく掃き清められ、
建物すべてが存在感を放っているように感じられます。

思わず襟を正させるような何かを感じとったのですが、
何だろう、この気配は?
おチュウはふと考え込んでしまいました。

たぶん人がいないのも一因なのかもしれません。
参拝者をほとんど見かけなく、
広大な空間に一人ぽつんと放たれているような ‥‥、
すると、どうも何かに見張られているような緊張感が芽生え、
思わず襟を正してしまったのか?

わかりません。
ただ ‥‥ 普通じゃない  😯

快晴で汗ばむ陽気、
陽は燦燦と照り付け、無風で、人の気配もなく ‥‥

非日常の中に身を置くとはこういうことなのかもしれません。