家族写真で期待すること

旅先での一コマですが、
宿泊先で家族写真を撮ろうとしている人々です。

おチュウたちはたまたま客室からその様子を見ていました。

カメラのタイマーを設定して家族のもとに走るお父さん!

テレビのコントを見すぎでしょうか。
おチュウはここで三脚が倒れるとか、
お父さんがつまずいて間に合わないとか、
よくあるネタを期待してしまいました。 😆

でも予想に反して?、
無事家族写真は撮れた模様です。

これは関西人の性でしょうか。
何事にもオチを期待してしまうのですが、
まあハプニングなんてそんな頻繁に起こるわけもなく ‥‥。

穏やかな朝の風景と共に時は過ぎて行ったわけです。 😀

 

 

ふと物思いにふけりたい時

雑踏の中を歩いているとき、
ふと考え事をしたくなる時があります。
あれはどうすればよかったっけ?
明日の予定はどうだったか?

そんなときちょっと立ち止まって一人になりたい。
それは、別に喫茶店のようなところでもいいんです。
でも、混んでくるとがやがやしてきて、
結局は雑踏の中とさして変わらないこともあります。

どこかいい場所はありませんか ‥‥ 😕
という人たちでしょうか?
階段の端っこに座る人々

確かにここなら一人になれる。
遠く空を見上げちょっとボーっとしてリフレッシュもできる。

おチュウもその気持ちよくわかります。
一定の間隔をあけてちょっと面白いなと思いつつ ‥‥ 😀

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

迷路のような地下街を歩く

相変わらずの梅田地下街です。
迷路のような複雑さで、
なんでこんなもの作ったのか不思議になります。 😳

大阪に住んですでに20年近くの歳月が過ぎ、
相当詳しくなったつもりですが、
未だにここは地下何階かあやふやになる場所もあるし ‥‥

そもそも独立して存在していた地下街を、
後で無理やりつなげたらしいのでこうなったといいます。
それも一つ二つじゃなく ‥‥

だから、しゃあないやん!
で、おしまい

でも相当な地下空間を占めるので、
今年のような暑い夏は重宝します。

わざわざ地上に出なくても、
モグラのように縦横無尽に張り巡らされた通路を行けば、
目的地に行けてしまうのですから。

ただ、法則性のない縦横無尽さが問題なんですが ‥‥

 

 

台風は去れども水清くならず

空はどこまでも青く澄み渡っております。
快晴とはこのことを言うのでしょう。

ボートの練習も再開されたようです。
気合の入った掛け声とともに川面を滑るように走っていきます。

何も変わりない日常の光景と思いきや、
水が ‥‥ 泥水じゃないか! 😆

いつもはこんな色してなかった。
そりゃあ、大阪の街中を流れる大川ですから、
澄んだ水とは言いませんがこんなに茶色く濁った水ではない!

台風が去って早や数日。
当事者はすでに天気図から消滅してしまっておりますが、
こんなところに痕跡を残しているのです。 😕

それにしても、自然とはすごいものです。
低気圧の親玉がたった一つ通り過ぎただけでこの有様です。
自然を甘く見てはいけません。

 

夏の終わりの盆踊り

夏休みも終盤に差し掛かったこの時期、
毎年小学校の校庭で盆踊りが開かれます。 😉

ゆうチュウさんと食事の帰り、
何やら人盛りを発見!

ちょっと暗くてわかりづらいけど近づいていくと、
ああ今日はそうだったと思い出したのです。

そういえばあちらこちらにポスターが貼られていた。

でも、悲しいかな ‥‥ 😳
この地区に越してきて10年近くになりますが、
自分もしくは子供がこの地区の出身でないため、
このような行事にうとく、どう入って行けばよいかも知りません。

でもちょっとだけでも雰囲気を味わおうと思い、
日ごろ入れない校庭に入り雰囲気に浸ったのでした。