桜の木に見る生命のたくましさ

遊歩道に植わっている桜の木です。
幹からウニのトゲのごとく枝がのびています。
いずれ剪定の対象になることは間違いありません。

このような木がやたら並んでいるのに気づきました。

でも山中に自生している木に
このような野放図な枝を見た記憶はありません。

おそらく人為的に剪定されたため、
木の方からすれば無くなった部分を再生する生命現象なのでしょう。

切られた部分に刺激が入り、
それがトリガーとなり遺伝子発現が起こり、
細胞分裂につながり ‥‥

結果的に負けてたまるかということで、
多くの枝が出る結果になったのでしょう。

でも残念ながらこれがまた人間側からみれば
景観の観点から選定対象になってしまう。
そして、バッサリ

すると木の方からまた細胞分裂が起こりウニのごとく枝が ‥‥
いつまでやるのか知りませんが、

お互いに無駄に仕事作っているような気もします。
大阪市も財政難の昨今ですが、
もうちょっと生物学的観点から仕事減らす方策はないものか、
なんてちょっと偉そうなこと考えたおチュウでした。 😳

 

ある日のヘルシーランチにふと思う

適量の玄米ごはんと、
鶏の胸肉や根菜をトマトベースで煮込んだメイン、
ポテトサラダ、野菜の煮物、有機野菜のサラダ、
それに恐らく蕎麦や雑穀ベースのスープ

ある日のランチです。
如何にも健康全開の食事ですが、
おチュウはこのようなヘルシー系の信者ではありません。

たまたまゆうチュウさんの希望で入ったのです。

日ごろは牛丼のチェーン店やラーメン屋など
これとは対極の位置づけかもしれない店に頻繁に出入りし、
横に座っているおじさんの汁をすする音を聞いているわけです。

ふと考えました。
今からこちら側に鞍替えしたら余命はどの程度延びるのだろう?

でもすぐに思いました。
そんなことしてまで好きな牛丼やめて人生楽しいか?

それが結論です。

シャンプーは遺伝子で選ぶ時代へ『遺伝子博士』×『スカルプセレブ』

女性の年齢はよくわかりません

女性の年齢を当てるのは実に難しい。
日ごろのイメージは簡単に化粧で惑わされてしまいます。

別に怪しい下心はないのですが、
年上か下かでずいぶん話し方も接し方も変わってくるものです。
年配の方にぞんざいな態度も取れません。 😯

しかしテレビでよく見る芸能人の場合、
大体はネットで調べれば年齢がわかるわけでして、
一度わかってしまえばそのイメージで見てしまいます。

ところが街でポスターが貼ってあったりして、
明らかに若い方に修正がある場合は、
さすがにそのギャップにこれはおかしいとなるのです。

まあうだうだ書いてはおりますが、

冒頭の写真といい奥歯になにか挟まったような文章といい、
誰のこと言ってるかは明らかですが ‥‥、

ちょっとやり過ぎじゃないの
昔の写真かなあ?
おチュウにはよくわかりません。 😕

 

おりの中の野球を見て

街中と言えどそれなりにグラウンドがあり、
それなりに野球をしているわけです。

一見昔と変わらないのではと思うのですが、
ちょっと網が高すぎないか!

まるで動物園に来ているようだ。 😡

ふとおチュウは思ったのです。
そういえば原っぱのようなところもあるにはあるが、
そこで野球をしている子供たちを見たことがない。

野球人口自体減ってしまったのだろうか?
それとも、スポーツの好み自体変わってしまったのか。

サッカーが人気のあることも知ってますが、
これもグラウンド以外の場所で見たことがない。

というか、子供同士で遊んでいる光景をほとんど見かけない。
時代は少しづつ変わっていくようです。

サバの時代

サバ?
あのサバです。

最近やたらと、サバ専門の居酒屋とか料理屋が出現
おチュウは、ふーんてな感じで通り過ぎますが、
何で今さらあのサバが?と思うわけです。

海辺育ちのおチュウにとって、
サバなんて釣りに行けばいくらでも釣れました。

それに時間が経つとすぐに食あたり。
死んだ瞬間からヒスタミンが放出され、
アレルギーで蕁麻疹が出たことも ‥‥  🙁

めんどくさいタイプの魚でした。

でも時代が変わったんですねえ。
鮮度を維持したまま流通できるようになり、
遠隔地でも刺身ですら味わえるようになったのです。

でも、やはりおチュウにとってはサバはサバです。
サバ専門店に行き、
サバだけを食べる日はまだ先かな