エビフライを最初に食べるか最後にするかの問題

エビフライ大好き人間は多いと思います。

先日、近くのグリルスエヒロに行き、日替わりランチを注文!

すると、中身の良く詰まったいつものエビフライとミニステーキやポテト、スパゲティ、野菜などを盛り付けた一皿とライスが運ばれてきます。

いただきます! 😀 

さっそく食べ進み、おチュウはミニステーキを半分程度食べたところで、

エビフライの尾っぽとは反対の部分(太いところですね)を少し切り食べる。

うまい! 噛みしめながら余韻に浸る

そして、全体をまんべんなく食べ、最後にエビの尾っぽをカリッと食べ、終了 😉 

とその時、向かいのゆうチュウさんのプレートにはエビフライだけ手つかずに残っている。

つまり、好物は最後に噛みしめながら食べたいタイプの人

決して嫌いだから食べないのではありません、好物は最後に!

ここを勘違いするととんでもないことになります。

聞くところによりますと、小さい頃家族で和歌山市内のとんぶんという地元では有名だった洋食屋に行ったとき、

今日のようにエビフライを最後まで残していたらしい。

すると、妹さんが勘違いしてさっと横取りして食べてしまったとかで‥‥

そのあとつかみ合いのけんかとなったそうな 😯 

それから50年

その話を当事者ではないおチュウに未だに語り続けるのです。 🙁 

たぶん、それだけはやめなと予防線をはっているのでしょうけどね

くわばら、くわばら


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

集団の中にいることの危うさ

寒さ厳しい午前です。

快晴なのですが、北風強く‥‥

そんな中、おチュウは風に背を向けトボトボ‥‥ 🙁 

すると、南向きの斜面に黒っぽいポツポツ多数あり

近づくにつれ、それらが鳩の群れであることが明らかに!

じーっとしています。

ひたすら太陽エネルギーを吸収中なのはわかりました。

しかし、おチュウが近づいても一向に逃げる気配がありません

いくらなんでも油断しすぎじゃないか!

今投網でもあれば一網打尽

まあ、そんなことはしないけどね 😉 

するとその時、どこからともなく空のペットボトルが飛んできて群れの端に着弾!

それをきっかけに1羽が反対方向に飛び立つ

一瞬間を置いて、他の鳩も同じ方向に後を追うように飛んで行ってしまいました。

でも‥‥、一番先に飛んだ鳩はペットボトルからけっこう離れた場所にいたんだけどね

近くにいた鳩はボーッとしてたよなあ

誰かが行動しない限り大丈夫と高をくくり何もしない、

煽るものが一人いると、みんな何も考えずにそちらに行ってしまう。

うーん、、、


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

書店で本を手に取らなくなった

店頭には消毒液が設置されていて、入店時手は必ず消毒するのです。

そして、店内へ‥‥

一応、おチュウ必見のコーナーは何カ所かありまして、

目新しい本が入っていないかどうか見て回るわけです。 😉 

以前は手に取り内容確認を怠らなかったのですが、

このところ例のはやり病の勢いが増しているせいもあり、

無意識に本を手に取る接触機会が減っているのです。

つまり、内容吟味することなくタイトルを見るだけで善し悪しを判断 🙁 

山積みの場合は上から4,5冊下の本を引き抜いてそれを購入してみたり‥‥

気分的なものだってことはわかってるんだけどねえ

テレビから溢れるように出てくる情報のせいか過敏に反応してしまい、

疑心暗鬼というか‥‥

ふと、隣の人観察してみるとやはり同じようなことやってました。

世の中なんかこうギスギス感出てくるとつまらないよねえ 😎 


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

短足のキリン

ネットニュースの記事ですが、

アフリカで短足のキリンが2頭、個別に発見されたそうです

映像でも確認しました!

見た目病気でもなさそうなので、

長足に関係した遺伝子の異常か、発現に問題があるのかもしれません。 😮 

2頭ということなので、もしかしたらときどき短足が生まれていて、

発見されなかっただけなのか、

早い段階で人知れず猛獣の餌食になっていたのか‥‥

想像の域ですが‥‥

当然生きて行くには不利なわけで、

この短足キリンが個体数を増やすこともなさそうです。

厳しい淘汰の世界です 😳 

その点、人間社会に生まれ、特に日本人で良かったと思うわけです。

おチュウのような凡人ですら、コロナ禍であってもなんとか生きていられるのですから

そういえば、キリンなどの動物の自然界における進化と、人類の進化は、

もはやベクトルが異なってしまっていることは明らかです。

ひと昔前までは、人知のあずかり知らぬ場所は神の世界であり、

人の興味もその手前まででしたが、

今ではその先に歩を進めつつあります、仮想空間、宇宙、‥‥

うーん、人は肉体を離れてどこに行くのか???

しかも、その速度が増している‥‥

なんだか実体との乖離がどんどん進み寂しいし怖いのです。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

スマホ忘れて公衆電話発見したが役に立たず

今や公衆電話の存在すら忘れているのです。

必要ないですから‥‥ 🙁 

でも、肌身離さず持っているスマホもまれに忘れるときもあります。

ここが問題!

先日、待ち合わせしていると約束の時間が過ぎておりました。

相手に連絡しようとスマホを探し、あっ持ってくるの忘れた!

ところが、ふと横を見ますと公衆電話が設置されているのです。

なんというラッキー、こんな幸運久しぶりだと嬉しくなったのです。 😀 

早速公衆電話で連絡取ろうとしましたが、そこで重大なことに気付きました。

相手の電話番号がわからない!

つまり、日頃スマホに登録されているため、

わざわざ電話番号を記憶する必要もないし、手帳に書いておくこともないわけですね。

スマホさえあればちゃちゃっと呼び出し電話できるわけです。

ところが、スマホなければすべて駄目ということに今気付いたのです。

もはや公衆電話があろうがなかろうが関係ありません。

公衆電話さん申し訳ないですが、おたくの時代は終わりました! 😯 


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ