体育の日が10月10日だったころ

祝日が土日にくっついてしまいましたが、
以前は日にちが決まっていました。

あのころ、体育の日は10月10日で、
東京オリンピックの開会式を記念したものでしたが、
晴れの得意日でもありました。

したがって、その日はまず晴れ! 😀

大体はおチュウの学校でも運動会が行われ、
徒競走やいろんな競技に参加し思い出深いものになりました。

祝日が土日にくっついてしまうと、
毎年日にちが変動することになり、
今年の体育の日は何日だったのか確認が必要です。

まあそんなことはさておき、
物騒な事件が多発する昨今です。
平日は運動場にはまず入れませんが、
この日だけは子供たちが踊る様子を近くで見ることができました。

株主優待での生活を見て思うところ

はじめに断っておきますが、
人の生き方や人生にあれこれ言うつもりは毛頭ありません。

先日とある番組で株主優待で生活している有名人Kさんの生活が紹介されておりました。

おチュウも少しは株を所有しており、
ささやかな優待券を楽しみにしている一人でもあります。

しかし、Kさんの場合優待券で日常生活をしているわけで、
そのスケールにいつも驚かされるわけです。

しかも、都内を自転車で縦横無尽に走り回り、
朝から夜まで優待券の消費に奔走する姿に感動すら覚えるわけですが、

よくよく見ていますと、
日々のスケジュールが優待券の消費目的のために計画されているのです。

人生の本来的な目的が横に置かれてしまっている感が否めず、
そこに一抹の虚しさを感じたりもしましたが、
ひるがえってそう指摘するおチュウの日常生活はどうなのか?
いろいろ考えさせられた番組でもありました。

本来この番組は、さほど深い番組ではありませんが ‥‥  😉

 

 

今年もあと3ヶ月という現実

空一面に広がったうろこ雲の下をジェットが移動していきます。

秋の日の風景として満足のいくシーンであります。 🙄

10月か ‥‥
今年の夏は暑さと災害で散々でした。
おチュウは進みゆく飛行機を目で追いながら、
あれ! あと3ヶ月で今年も終わりじゃないか!

いかにもあっけない!
でも年々1年という時間が早くなり中身が浅く平たんになっていく気がする。

若いころの出来事はより鮮明に内容を覚えていて、
今でも細部まで思い出せることも多いのですが、
最近の記憶は薄っぺらくてなかなか細かいところまでわからない。

これが歳を取るということかもしれないなあ  😕

おチュウはそんな考えに浸りふと我に返ると、
先程の飛行機はもうどこかに去り、
空にはうろこ雲の海が広がっているだけでした。

 

鉄道高架下の普通の家

おチュウは少々驚いてしまったのです。 😯

鉄道の高架下に一般家庭の表札がかかっていたのですが、
よくよく考えてみるとちょっとびっくりです。

つまり寝ていても天井の上を電車が走っていくのです。

年がら年中電車に引かれているようでもあり、
余り気持ちの良いものではない気がします。 🙁

「何も好き好んでここに住んでるわけじゃない!」
「じゃあ、どんな理由で?」
そう聞き返してみたいのですが ‥‥

案外慣れてしまうと、
おチュウが考えるほど電車を気にしなくなるのかもしれません。

そうこうするうちにも、
電車がやって来てゴトゴト結構な音を残して去って行きました。

やはり、おチュウには無理だな ‥‥

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

サンマの塩焼きに忍者ハットリくんを想う

遅ればせなのかもしれませんが、
今秋初めてサンマを食べました。 😀

昔は、サンマはイワシやサバとならんで、
いつでもいくらでも簡単に食べられる魚でありました。

ところがイワシが姿を消し、
サバもノルウェー産が主流なのだとか、
それにサンマも昨年は大不漁 ‥‥ 😳 、
おチュウが好きだった魚が卓からどんどん消えてゆきます。

かろうじてサンマは今年豊漁のようで、
少し胸をなでおろしている次第です。

ところで、サンマを食べると、
必ず子供のころテレビで見ていた実写版の「忍者ハットリくん」で、
ハットリくんが七輪でサンマを焼いている場面を思い出すのです。
そうです。サンマはハットリくんの大好物だったのです。

煙がもくもくあがり咳き込むのはお決まりのシーンでしたが、
秋のサンマはそれほど脂がのっているということなのでしょう。

そして今年も無事にサンマを口にしました。
花岡実太やケムマキケムゾウの姿も脳裏をかすめましたが、
こんなことを書いても誰も分からないかもしれません。
まだテレビが白黒の時代でしたから ‥‥