記憶に残る旅にもいろいろ

先日ゆうチュウさんと温泉に出かけました。 😀

とはいっても、大阪府内の近場ですが、
これが記憶に残る旅でして ‥‥

当然温泉を楽しみにしていたのですが、
ポンプが故障したとのことで普通のお風呂となり、
少々がっかり ‥‥

夕食後大阪平野が一望できるから屋上へという館内放送、
展望に行くと壁面改修中で足場の骨組みや幕が邪魔で、
写真撮るにはちと厳しい。

宿に来る前においしそうなクリームパン屋の店を見つけ、
覗いてみるとすでに売り切れ!

無いとなると是が非でも食べたくなり、
翌日直行すると阪急百貨店に出店のため本日お休みとあり、
がっかりといよいよ食べたく ‥‥、
帰り道だからと梅田の阪急に行くと黒山の人人人
疲れはてついに諦め帰ることに ‥‥

すべてちょっとずつイメージ通りにいかない旅でしたが、
かえって記憶には残るかもしれません。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

桟橋を見ると思い出すこと

先日琵琶湖を訪れた際桟橋を見つけました。
ホテルをバックに中々の景色です。 😮

すでに釣り人が先端に陣取り所有権を主張しております。
場所がいいから釣れるとは必ずしも言えませんが、
他の場所より釣果の期待は持てます。

おチュウも釣りをしていた頃は、
目当てのポイントへ人より早く行こうと気が焦ったものです。
あの頃が懐かしい!

しかし、おチュウはこのような湖の桟橋で釣りをしたことはありません。
海釣り以外はほとんどやらなかったためです。

むしろ湖の桟橋で思い出すのは、
映画黄昏でジェーン・フォンダが後方宙返りで飛び込むシーンなのです。
ちょっと古い映画ですが ‥‥

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

道路に不可解な建物

大和路でのことです。

まあまあ広い道が続いておりました。
ところが、ある部分だけ道の中央まで家?が出っ張っていて ‥‥ 😕

柱と屋根だけですが、
つまり中はスカスカで車の往来に支障ないようです。
おチュウも不思議に思いながら歩いて通りました。
が、なんでこんなところに感が半端ないのです

どういうこと?
ここは私道ってこと?
だから主張してんの?

いづれにしても車がぶち当たらないか心配です。
広い日本、まだ理解不能なこともあるようです。 😐

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

比叡山延暦寺を訪れて

めったに来ることはありません。
たまたま近くのおごと温泉に来たので寄りました。

ケーブルに乗れば簡単に山頂まで行けてしまう。
便利な世の中です。
昔は大変だったであろうことは容易に想像できます。

いうまでもなく高野山とならび密教の双璧ですが、
日本人でも常日頃意識することはまずありません。

ここに来て初めて独特の荘厳なる雰囲気を肌で感じ取り、
計り知れない修行僧の深い歴史をイメージできるのです。

一方、下界ではもはや科学の時代です。
日常生活で仏教思想や仏事に触れることは稀です。
寺社も後継者不足で衰退傾向のようです。

そんなギャップを考えながらおチュウはうろうろ ‥‥ 😕
すると、山頂でも多くの外国人観光客でぎわっております。
それもなんとなく皮肉な感じだなあ。

信仰の場にいながら、
精神と物欲が入り乱れてぐじゃぐじゃになっているようで、
ここから化学反応で何か生まれるってことはなさそうだな

そんなこと考えながら下界へと戻って行きました。 😆

ウオーキングクラブとひとり旅

先日紹介した上街道を歩いていたときです。

はるか前方から人の集団がやってきます。
怪訝に思いながら進んでいくと、
なんとかウオーキングクラブの面々です。 😯

こんなハイキングの仕方もあるんだと再認識し、
ぶつかってはと思い少し道を開けましたが、
前方を向き一心不乱に早足で歩いて行きます。

楽しいのかなあとふと思ったのですが、
歩き方は人それぞれですから、
足腰の鍛錬とかであれば仲間がいた方が楽なのかもしれません。

おチュウはぶらぶら歩きながら風景写真を撮ったり、
はたまたおいしそうな飯屋があれば入ってみたり ‥‥、
だから目的自体が異なるのです。

帰ってからウオーキングクラブをPC検索してみましたが、
その多さに驚いてしまいました。
みなさんけっこう歩くのが好きみたいです。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。