旅情をそそる要素とは

旅とは移動です。 😕

日ごろ大抵の人は程度の差はあっても移動していますが、
旅と名がつく限り行動範囲の外まで移動しているはずです。

どの様な瞬間に旅情を感じるでしょうか?

一つには日ごろ目にしないものに遭遇した場合でしょう。

飲み物やお菓子の類はどこにでもありますが、
日ごろ目にしない商品名がついていて、
それがその土地に根ざしたネーミングであれば、
非日常感を強く持つはずです

サイダーやお菓子の類を目を閉じて食べればを、
味だけではその違いを感じにくいはずです。 😳

でも商品名で土地の雰囲気を感じながら食べると、
そこには旅情をそそるなにかがあります。

ということで、
おチュウは旅先ではできるだけ
その土地のものを味わうことにしています。


丹後半島一周の旅

こじんまりしたツアーに参加しました。

丹後半島を観光バスで半日かけて一周するものですが、

それなりに名所旧跡を訪れ、
その都度バスガイドの説明もあり、
コスパ良好の旅でした。 😕

冬場のカニシーズンは終わり、
桜の花も散り、
初夏のホタルにはまだ時間があり ‥‥

つまり、
気候はいいけど売り物がないこの時期です。

純粋に名所の質が問われているわけで、
雨天なら最悪のところが
幸運にも当日快晴  😀

天橋立や伊根の舟屋など
代表的な場所をめぐることができ
ゆうチュウさんと満足の一日でした。

しかし、この手のツアーは
巧妙にセッテイングされた土産物店とのコラボ!
その鮮やかさに感心です。

でもそこは百戦錬磨の参加者のみなさん
するりとすり抜け財布のひもは緩まない !
これにも感心のおチュウでした。



 

ジャズ喫茶の存在意義

城崎温泉駅から徒歩数分の所にある喫茶です。

2度目か3度目です。
城崎自体めったに来ないので ‥‥ 😳

ドアを開けるとジャズが聞こえ、
中央にごらんの通り歴史を感じさせる小物が並んでいて、
音楽に相乗効果を与えています。

右手の窓際にはテーブルが3つあり、
うち2つは外国人カップル2組で塞がっていました。

残りのやや狭いテーブルへ
ゆうチュウさんと各自アイスコーヒー注文。

年代を感じさせる店内の雰囲気に
いかにもジャズの音が合うのです。

そう言えばジャズ喫茶は所々にありますが、
歌謡曲喫茶とか民謡喫茶とかあまり聞いたことはありません。

ジャズが非日常的空間でひと時を過ごす場合、
一番しっくりしていそうではありますが ‥‥  😯

 

ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 無糖 900ml×12本

大阪城公園の人の多さにビックリ

大阪城公園に行きました。

すぐ近くという感覚ですが、
これが不思議と年に一度行くか行かないか程度なのです。 🙄

最近レストランやらいろんな施設がオープンしているらしい、
そんな情報を入手し、
ゆうチュウさんと二人で出かけました。

なんとゆうチュウさんは初めてとのことで、
在阪の大学に通い、
その後離れたものの大阪に来てすでに15年以上、
でも初めての大阪城です。

平日で花見の時期も終わり、
てっきり閑散としているものと思いきや、
とんでもない人の多さにビックリです。 🙁

しかも、外国人観光客の多さにさらにビックリ!
というか場所によっては日本人を探す方が難しいような状況で、
海外旅行に来てるんじゃないかと頭が混乱状態に ‥‥

つい最近までおっちゃんがたむろしていた寂しい公園が、
ちょっと油断するとこの変貌ですから、
世の中先のことなんて誰にもわかりません。

日本はおそろしい速度で変わっているんだと、
身ぶるいしてしまうおチュウでした。

 

デコレ コンコンブル decole concombre 夏のまったりマスコット くいだおれ人魚 かわいい新作置物

ちょっと心に刺さったいい話

大和路快速に乗り奈良に向かっていました。 😮

天王寺辺りだったかと思います。
初老の外国人夫婦が乗って来て、
奥さんが二人掛けの空いてる方の席へ ‥‥

その時横に座っていた若い女性
おそらく降車間近のため気を利かせて席を譲ったのですが、
二人はいたく感激しているようでした。

時間が過ぎ奈良近くで、
日本人のかなり高齢の老夫婦が乗ってきました。
一人座れたのですが ‥‥、
その時その外人夫婦が手招きをして二人に席を譲ったのです。

おチュウはあの若い女性の心が伝わった気がしました。

観光立国を目指す日本ですが、
グローバリゼーションは大衆レベルでは
津々浦々まで浸透しているのかもしれません。

心と心はやはり以心伝心です。
あの外国人夫妻もまた日本にやってきてくれるでしょう。

でも国や民族や主義や宗教やら集団レベルになると、
identityや遺伝子や歴史やいろんな問題がもたげてきて
何でこううまくいかないのかと首をかしげるおチュウでした。 😯