ついにラーメン屋がつぶれ、そして再びラーメン屋がオープン

以前のブログ(2017.07.23)で、
ラーメン屋が潰れては新しくオープンを繰り返しているテナントを紹介しました。

あれから月日が過ぎ、潰れたようです。 😳
ちょうど一年です。

どうもおかしいと思ってはいたんです。
このところ前を通っても人の気配がなく、
店内も荒れているようでした。

そして、本日ラーメン屋オープンの張り紙が ‥‥
前を通りかかったのが午前10時半で、
オープンが午前11時半

この炎天下で一時間も待つ気がしないので、
さっさと通り過ぎましたが ‥‥ 😳

もうこれで何度目のラーメン屋なんだろう?
やはりここは立地等ラーメン屋に適さないなにかがあるのでしょう。

でもやっぱりラーメン屋ができてしまう不思議。
おチュウも少々あきれ果てたというか ‥‥、
かける言葉もありません。

しかも間に合わなかったのかどうかわかりませんが、
前の店名と今回の店名が看板その他に混在しているようです。
いやその前の店名かもしれません。

よくわからんけど、
店主はきっと俺のラーメンは違うと思っているのでしょう。

おチュウとしても頑張ってもらいたいけどねえ。
とりあえず近々ラーメンの評価に行ってきます。 😀

 

我慢できずに早くもウナギを食べることに

このところ食事ネタが続き恐縮の限りですが ‥‥ 🙄

土用の丑の日の翌日のことです。
一度は踏みとどまったウナギでしたが、
ひとたび意識すると脳裏から離れません。

ゆうチュウさんと相談の結果、
食べたいときに食べればいいんだという結論に ‥‥

早々阪急三番街の江戸川に出かけたのです。
11時開店のところその数分前には押しかけ、
開店と同時に怒涛のように入店し着席! 😉

土用の丑セットなるものがあり即座に注文!
写真はその一部です。

ところでうな丼、うな重 ‥‥
大体どれを注文してもウナギ自体は数切れのものです。
あっという間に食べ終わりちょっぴり物足りなさも付いて回ります。

そこで、満足感を得るためにご飯を大盛にしてたれをかけるという、
貧乏が染みついたような方策を用いたのですが、
まあこれはこれで久しぶりのウナギを楽しみました。 😀

焼肉を焼くスピードはどうあるべきか

2時間食べ放題の焼肉に行きました。
年甲斐もなくです。
もうちょっと良いものを少しだけ味わいたいのですが、
友人に食べ放題体質の方がおり、
長年の付き合いでもあります。

焼肉が食べられればそれはそれでいいのですが、
友人は変な癖がありまして、
運ばれてきた肉を全部網の上に置かなければ気が済まないのです。

もうちょっと少しづつ焼こうよ!
再三の申し入れも聞き入れられず 😳 、
あっという間に皿は空になり、
一気に焼けるからすぐ食べることになり、
網の上の肉もすぐになくなってしまう。

そして、すぐまた注文というありさま。

おまけに飲み放題!
すぐ酔いが回り満腹になり、
口の中は脂ぎってるし ‥‥
これじゃ数十年前の若者時代の記憶そのままです。

もう少し落ち着こうよ!

 

アイスクリンの記憶

公園で多くの親子連れが遊んでいます。

おチュウが通りかかると、
自転車の荷台にアイスクリームを乗せたおじさんが
木陰で陣取っていました。

アイスクリームの文字が風にそよいでいます。
でも、おチュウとしてはアイスクリンと呼びたいのです。

子供のころは確かにアイスクリンでした。
ところが気づくとアイスクリームに変わっていたのです。 👿

その間なにがあったのかは知りませんが、
おじさんが自転車に乗って売りに来るのはアイスクリンであるべきです。 🙁

放課後運動場で遊んでいると、
決まって校門の脇にアイスクリン売りのおじさんが来て、
ちりんちりんと鐘を鳴らし売り始める。

あの冷たくてさっぱりした甘さを思い出しました。 😀

 

新装オープンに心惹かれて

大阪梅田の阪神デパート地下一階の新装オープンです。

おチュウがかつてよく通ったスナックパークですが、
数年の時を経てようやく今月から戻ってきました。 😀

安くそして美味い!
食い倒れの大阪では必須の条件ですが、
当日から御多分に漏れず押すな押すなの人盛り

おチュウは?
当然出かけました。
そして、かつてこよなく愛したうまかラーメンへ直行!

なつかしい味はすぐに思い出すものです。
そうだこの味だった!

醤油ラーメン大盛り340円
たぶん時々ふらりと立ち寄ることでしょう。 🙄