今年も予想通りだったタイガース

今さらながら不思議な球団です。
ここぞというときには必ず負けます。

春先はそこそこ調子よく期待が膨らみますが、
それも夏場までの話でして、
負けが込んでくるとまたかと思い途中で忘れてしまいます。

今年も例年通りでした。 😳

ある晴れた日、はや秋の気配が漂っておりましたが、
おチュウは見納めにと思い鳴尾浜球場に行きました。

せめて1軍のふがいない戦いとは別に、
夢を見させてくれている2軍の試合を見ようと思ったわけです。

入場無料だし、たぶん人も少ないだろうと ‥‥
ところがいざ到着してみると、
ほぼ満席状態! すごい熱気!

ここは熱くなる場所じゃないだろう!
甲子園へ行こうよ!

でもここへ来ればみんな仲間です。
そして、早くも来季に向けた戦力分析が聞こえてきました。
おチュウも横から少し口をはさみましたが、
すぐ受け入れてくれました。

そして、来年も頑張ろうと。
そして ‥‥ たぶん今ごろはここで同じこと言ってるんだろうなあ。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

プールとは縁が無くなりましたが

子供の歓声が聞こえ振り向くとプールからでした。

そういえば夏休みも後半に差し掛かっています。
少し暑さも和らぎ季節の変化を感じる昨今です。 😀

最近の子供たちはジムなどで年中水に親しむ機会がありますが、
おチュウの子供時代はそんなものはありませんでした。

和歌山の田舎出身のおチュウにとっては、
夏場に小学校のプールか近くの池や川で泳ぐくらいでしたが、
それも懐かしい思い出です。

池で泳いだことのある子どもはどれくらいいるのでしょうか。

危険極まりない池で危ない目に遭いながら遊べたのも、
それだけ世間がのんびりしていたからかもしれません。 😕

自分の命は自分で守るしかないことを、
身をもって経験したのは却ってよかったのかもしれません。

あるとき池を泳いで横断していると、
サイドから蛇が迫ってきたことがありました。
渾身の力で泳いで逃げたのですが、
あの必死さは今でも夢に出てきます。

サッカーに個人的ジンクスを当てはめてしまう

先日日本代表がコロンビアに勝った時、
おチュウは不覚にもテレビを見ておりませんでした。
これは先日のブログで紹介した次第です。 😳

次のセネガル戦も寝てしまい見ず。
ところが結果的には引き分けの勝ち点1獲得!  😯

そして、いよいよポーランドとの一戦です。
引き分け以上で決勝トーナメント進出確定!

こうなるとテレビを見たいのは山々なのですが ‥‥、
なんとなく今までの行動を振り返ってしまいます。 😕

つまり見なかったら負けなかった
つまらん個人的ジンクスです。

日本国民の大多数の問題を、
おチュウ一個人の行動に置き換えてしまっているわけでして ‥‥、
しかし少しでもお役に立てればという考えも働き ‥‥、
見るべきか ‥‥ 🙁

結果は負けましたがフェアプレーポイントの差が効き、
決勝トーナメントに進出という結果でした。
もやもや感半端ない! 🙄

さておチュウはテレビを見たのでしょうか?

 

マリンスポーツの季節

不思議なものです。
ちょっと気温が高くなると水が恋しくなってきます。 😮

多分それは誰しも同じなのでしょう。
日ごろはたまにボートを漕ぐ人が散見される大川ですが、
突然水上バイクを乗り回す若者が出現するのです。

マリンスポーツというジャンルに属する人々ですが、
横文字にすると何となくヤングな香りがするのでこれまた不思議。
つまり、おチュウのようなおじさんとは対極に位置するのですが ‥‥

しかし水上バイクなんて30年以上も運転したことがありません。
タイに新婚旅行に行ったときゆうチュウさんと乗ったきりです。

ただこの狭い日本の川でバイクとボート、
仲良くするのはけっこう大変そうです。

 

だからサッカーはおもしろい

昨日は夜9時ごろウトウトしてしまい、
夜半に目が覚めたおチュウです。 🙄

とりあえずお茶を飲みテレビをつけました。
これはいつもの行動パターンです。
すると、画面の向こうで大騒ぎをしているのです。

?????
数秒おき、どうやら日本が勝ったかも?
まさか ‥‥
しばらく様子を見ているとどうやら本当に勝った模様です。

今回のロシアワールドカップですが、
直前の監督解任とか代わり映えしない代表メンバーとか、
おチュウ的にはイマイチ盛り上がりに欠けていたのです。

余り勝つ要素もないので ‥‥

そして、昨夜も試合があること自体忘れていたという体たらく。
どうせコロンビア相手に勝てるわけもなく ‥‥

しかし、得てしてこんな時奇跡は起きるもんなんですねえ。 😀
数十年前、マイアミでブラジルに勝ったとき、
仕事場に同僚が興奮して入ってきたことを思い出しました。

これでスイッチが入ってしまったかもしれません。