だからサッカーはおもしろい

昨日は夜9時ごろウトウトしてしまい、
夜半に目が覚めたおチュウです。 🙄

とりあえずお茶を飲みテレビをつけました。
これはいつもの行動パターンです。
すると、画面の向こうで大騒ぎをしているのです。

?????
数秒おき、どうやら日本が勝ったかも?
まさか ‥‥
しばらく様子を見ているとどうやら本当に勝った模様です。

今回のロシアワールドカップですが、
直前の監督解任とか代わり映えしない代表メンバーとか、
おチュウ的にはイマイチ盛り上がりに欠けていたのです。

余り勝つ要素もないので ‥‥

そして、昨夜も試合があること自体忘れていたという体たらく。
どうせコロンビア相手に勝てるわけもなく ‥‥

しかし、得てしてこんな時奇跡は起きるもんなんですねえ。 😀
数十年前、マイアミでブラジルに勝ったとき、
仕事場に同僚が興奮して入ってきたことを思い出しました。

これでスイッチが入ってしまったかもしれません。

 

レスリング道場を見つける

先日都島区をうろうろしていたときです

京橋駅の方に行こうと思い歩いていたのですが、
JR環状線の近くで竹中レスリング道場という建物を発見!

古くから町に溶け込んでいるような佇まいです。
まだ練習には早いのかシャッターは降りていましたが ‥‥

道場とあるのでジムとは違い、
レスリングのみならず精神の鍛練にも重きを置いていそうです。

このような町のレスリング道場に出くわしたんが初めてなので、
一応写真を一枚撮らせていただきました。 😉

ところで、帰ってから検索してみると、
大相撲の宇良関も通っていたという記載があるようです。

一度練習風景を見てみたい気がしますが、
時間を取れればまた出かけてみることにします。 😯

ロッククライミングはなぜ人気?

ボルダリングとも呼ぶらしいですが、
おチュウにはとんとその面白さが分かりません。 🙁

でも最近このように、
室内で壁によじ登っている姿を良く目撃するのです。

この歳になればいくらなんでも筋力も衰え、
無理なのはわかります。

しかし若者がこぞってよじ登る姿を見ると、
なんで? と不思議に思うわけです。

でもよくよく考えてみると、
子供のころ崖や石垣をよじ登ったのを思い出しました。

たぶん何かに登るというのは、
木登りを含め本能に近いものがあるのかもしれません。

ご先祖様は木の上で暮らしていたわけですし、
遠い昔の記憶がどこかに残っていて、
上に行けば安心だからと語りかけるのでしょうか?

それはそうとしばらく見ていると、
おチュウも一度やってみたくなるのが不思議です。
これも遠い記憶がそうさせているのでしょうか。 😀

 

もう見るのはやめようと思いつつファン心理

この体たらくです。
何やってるんだ!
怒りを通り越して、あきれるばかりの惨状です。

早くもタイガースの今シーズンは幕を下ろしかけているのです。
なんでこれだけ打てないんだ?
バットの振り方忘れたのか?

てなことで、ストレスが溜まり血管が切れる寸前ですが、
そうするとそろそろ危機管理対応!

つまり、現実から遠ざかるという行動が必要になります。
つまり、忘れるということです。
つまり、野球って何?
つまり、日常生活から野球の要素を無くするわけです。

そろそろその季節がやってきたようです。
梅雨入り前にこの状況はちと早いかも  😳

そうは思いつつ、
一応今日もおそるおそるテレビをつけるおチュウです。

???
勝ってる!  😯

 

 

 

ついつい仲間を求めるファン心理

このところの阪神タイガースの惨状を見るにつけ、
これではいかんとの思いが、
おチュウの心の中に沸々と沸き上がってきたのです。 👿

なんだあの打撃は!
なんで1割バッターをあれだけ揃えるんだ!
点が入らなければ勝てないじゃないか!
まともなのは糸井と糸原だけだ!
なんでこれだけ揃って打てないんだ?

なにかがおかしい!
このままでは早くも今シーズン終了だ! 👿

ということで、ついに鳴尾浜へ出かけたのです。
ここはタイガースの二軍の練習グラウンド
ホークスとの試合を視察し低迷の原因を探ろう!

球場では昨年甲子園で活躍した連中がわんさかおる。
ここは君たちの場所ではない! 👿
そう思いながら試合を観戦

周囲の観客もみんなタイガースファンのようです。
というか、こんな鳴尾浜まで来る人なんて、
ファンに決まっておる。

いつしか何とも言えない連帯感が生まれ、
そうするとそれが安心感になり、
帰るころには明日からまた支えて行こうと思った次第です。