はしかと伊勢エビ

はしかが流行っているようです。 😳 

といっても、おチュウはピンときません。
はしかは過去の病という感覚だからです。

おチュウが子供のころは、
毎年大流行し学校全体がダウンしていました。

ただ、一度かかれば一生かかりませんから、
どうせかかるのであれば今のうちにと、
はしかの子に近づき積極的にうつろうとする子供もいたくらいです

5日ほど高熱発疹で寝込みますが、
その間母親は伊勢エビの殻で出汁を取り飲ませてくれました。

あまりうまくはなかったけれど、
子供のいる家庭でははしか対策のために正月のおせちから、
伊勢エビの殻を干して保存していたようです。

あれって和歌山だけの話でしょうかねえ。 😯 
効果があったという実感はありませんでしたが ‥‥


にほんブログ村

早朝の町を歩く

片道30分ばかり歩いた場所にスペースを借りています。
ビルの一室のさらに一部ですが ‥‥

平日のみの契約で、
そのため毎朝暗いうちに家を出て向かうわけです。

昼近くにはまた歩いて帰ってくるのですが、
往復で約1時間、まあまあの運動です。

おチュウにとっては運動の最低ラインのようなもので、
健康維持には欠かせないものとなっています。

以前は、午後ジム通いをしていたのですが、
肩が痛くなり数年前に辞めてしまいました。

やめた途端肩は治りましたが、
以降過激な運動は控えるようにしています。

壊れてしまっては元も子もありませんから  😕 

ところで、冬場出かける頃は真っ暗でしたが、
今では東の空が白んでくるようになりました。

風は冷たく身を切りますが、
着実に季節は歩を進めているようです。


にほんブログ村

突然 酒を飲みたくなくなったのです

ここ2か月余りほとんど酒を飲むことが無くなりました。

人生初の出来事で多少うろたえております。

ほぼ毎日、40年余り飲み続けてきたおチュウです。

ある日突然日本酒の味覚が変化し、
飲めなくなってしまったのです。

すると、酒を飲むこと自体面倒くさくなり、
ビールやら焼酎やらウイスキーやら連鎖的に飲まなくなりました。

体調は以前と変わりありません。
??‥‥と思います。 😯 

酒を飲まないということは肴も食べないということで、
必然的に食べる量もその分減るわけでして、
ずいぶん体重も減ってしまいました。

ところが、内臓脂肪だけは変わらないのです。
誰か内臓脂肪は減りやすいなんて言っていた記憶がありますが、
絶対嘘ですね。 😕


にほんブログ村

健康状態は自分で判断すべきことなのか?

とある喫茶店ですが、
ゆうチュウさんとお茶をしておりました。 😉 

店内には後期高齢と思しき女性の方々が、
我が世の春とばかりに盛り上がっております。

おチュウたちは窓際で陽を受け小さくなっておりました。

小一時間が過ぎた頃、
一団は散会となり散っていったのですが、
酸素ボンベを背負った80前後のおばあさんが三輪車の方へ ‥‥

よく見ると鼻までチューブが ‥‥  🙁 

余り健康状態は良くはないと思うのですが、
三輪車にまたがりボンベは後部荷台に置き、
鼻へのチューブを気にしながら、
平然と運転し去って行きました。

その後ろ姿は相当不安定に映り、
おチュウには危なっかしい光景でしたが、
本人にとっては日常当たり前の行為なのでしょう。

健康とは? 日常生活とは何ぞや?
本人がこれでいいと思っていれば良いんではないか?
そう思わざる負えないのでした。

しかし、この逞しさに舌を巻くと同時に、
ほんの十数年後のおチュウの姿なのかもしれない!
そこが重要なのです。


にほんブログ村

病院が多すぎて迷う件

ニュースでは医師不足が報じられたりしていますが、
街を歩いていると実感がありません。

けっこう病院が目につくのです。 😕 

日ごろは特に気にもしないのですが、
自分が体調を崩していざ病院へとなると、
にわかに大問題に ‥‥

つまり、どの病院に行くべきかという点です。
いわゆるやぶ医者を避けたいのは誰しも同じです。

そんなとき、
ご覧のように診察前から列ができているのは、
ひとつの判断指標として重要です。

飲食関係でもよく列ができていますが、
自分の舌はまた別です。
他人の好みイコール自分ではありませんから!

でも病気の場合は列ができているということは、
当たりはずれという点からいえば、
当たる確率が格段に高いというべきでしょう。


にほんブログ村