保育園の先生も大変だ

木陰でなにやらごそごそやっているようです。
よく見ると保育園の先生と子供たちが土いじり。

この時期は日差しが強いため、
余程気をつけなければ熱中症の危険があります。
近くの大木のおかげで程よい木陰が出来ているため、
ここでお遊びの時間なのでしょう。

子供のうちは体温調節が不十分なため、
水分摂取と体温管理が大変です。

そう言えば、4月から保育園に通い出したはるチュウくん  😕
こんなふうに先生と遊んでいるのかな 😀
ふと東京に思いを馳せてしまいました。

まだ一歳児だから外で土遊びはちょっと早いかも?

でも夏場はくれぐれも気をつけてほしい!
おチュウ爺さんはそう思ったのです。

はるチュウくんが去り平穏な日常に戻る

慌ただしく連休は過ぎ余すところ本日のみです。

はるチュウくんは昨日東京に帰って行きました。
伊丹空港中央エリアのリニューアルが終わったようなので、
その偵察も兼ねともチュウさん一家を見送ってきました。 😯

空港で昼食をとりましたが、
あまりの人の多さに圧倒されてしまい、
リニューアルの偵察どころではありません。

逃げ出すように梅田に戻り喫茶店で一息入れることに ‥‥。

しかしゆうチュウさんと二人だけになってしまうと、
なんとなく何かが欠けてしまったようで ‥‥、
でもこれがいつもの生活なのです。 😕

ほんの数日間のにぎやかさに慣れてしまい、
普段の静けさが非日常のように感じてしまう。
不思議なものです。

案外人間の慣れとか対応能力ってすごいよなと、
変なところで感心してしまったおチュウでした。

はるチュウくん、いらっしゃい

はるチュウくんがはるばるやってきてくれました。

前回初めて靴を履いたのですが、
まだわずかな時間しか過ぎていないのに、
足取りがしっかりしているのに驚きました。 😀

最近足元がおぼつかないおチュウとしては、
坂道を登っていく人と下っていく人の
勢いの違いを実感しているところです。

今できないことが明日にはできるようになる人と、
今日できたことが明日にはできなくなる人の違いでしょうか。
いやいやそんなことはもういいんです。

10年余りで小さな靴から
横のでかい靴を履くようになるのですから、
なぜか不思議な気持ちにさせられました。 😯

 

「ギブソン」という人

ゆうチュウさんが「またいるよ! あの人」
見ると公園で一人タバコ片手にケイタイに語り掛けている。
「なにしてるんだろうねえ?」 🙄

芸人のヤナギブソンになんとなく似ているため、
いつの頃からか「ギブソンさん」と呼ぶのですが、
気になると良く会うのです。

意識するから目に付くだけなのかもしれませんが ‥‥

ある日、おチュウたちのマンションでも見かけてしまい、
あーれー、同じ住人だったんだ!

しかし、本人にとっては迷惑な話かもしれません。
勝手に変な名前つけられて

まあ、それも本人は知らないことなので、
どうでもいいっちゃあそうなんだけど  😳

とかく単調になりがちな日々ですが、
夫婦共通の話題は重要です

その点、我が家の日常生活に貢献してくれているギブソンさん。
本人にとってはどうでもいいことなんだけど、
我が家では大事な方なのです。 😀



新しい時計を入手

ゆうチュウさんと城崎温泉を散策していました。

たまたま木工製品を扱う店(木輪さん)を見つけ覗いてみると時計が ‥‥
これシンプルでいいねとゆうチュウさん  😀
そのときすでに心は傾いていました。

早速手に取り確認するや、
木目がいい。
大きさもちょうど良い。
木の香りが清々しい!
値段も手ごろだし ‥‥

賛辞のあらしが飛び交い、
購入に至る理由付けが盛んにおこなわれております。

そしてついに決定!
買って帰りました。

あの壊れた時計(4月10日ブログ)は修理しないことになり、
我が家には新しい木製の時計が飾られることになったのです。

壊れた時計はこれまでの功績に鑑みて
殿堂入りとなりましたが、
そのまま飾っておくと時間が紛らわしいので、
引き出しの中に丁重に保存されることになりました。