ぼろぼろの7月が終わり、今日から8月

息子家族が大阪に舞い戻ってきたのですが、

引っ越し先とのタイムラグで7月後半の2週間を同居することになり、

仕事に出る息子夫婦のために昼間は孫の世話をすることになったのでした。 😕

ゆうチュウさんとおチュウは、疲れを知らない孫のはるチュウ君3才と格闘し、

七月末まであと何日と指折り数えながら過ごした2週間

それもやっと終了し、本日は引っ越しの日です。 😀 

なんと言いますか‥‥、やっと終わったというか、体ボロボロというか

体力の疲弊は創作意欲をむしばみ、

途中からブログすら更新する気力なくなってしまったのです。

今日どんなことがあったのかはわかるのですが‥‥、

だからどうなんだと考えるともうだめでして‥‥

ブログなんていう面倒くさいことはやめてしまおうというところまで追い込まれていたのですが‥‥

出口が見えると気力が蘇ってくるのも不思議なものでして‥‥

心機一転、またブログを書こうという気になりました。 😉 

それにしてもなんですねえ、

身内といえど生活パターンを異にする家族が混ざると戸惑うことも多く、

これは息子家族も同じだと思いますが、

けっこう気疲れをするものです。

そして、2週間、やっと慣れてきた頃お別れとは‥‥

まあ、これからは比較的近くに住むために会う機会も増えるはずです。

そう考えれば貴重な2週間だったのかもしれませんねえ 😛 


にほんブログ村

我が家の主が入れ替わり‥‥

東京から息子家族が引っ越してきましたが、

まだ転居先への荷物搬入には時間がかかりそうです。 😯 

なので、今月いっぱいは我が家に同居状態

昼間、息子夫婦は仕事に出かけ、孫とゆうチュウさんとおチュウの三人

孫のはるチュウくんはまだ保育園が確定しておらず、

午前中はリビングにてテレビを見ながらくつろいでおるのです。

おチュウたちは召使いさながらご機嫌取りにいそしみ、

彼の疲れを知らない体力に驚嘆いたしておるのであります。 😀 

今しばらくはこの状態続くのでしょうねえ

うれしいやら厳しいやら‥‥

ときどき「ありがとう、おチュウさん」と言ってくれるだけで疲れは癒やされるのですが、

体力がいつまで持つかは定かでなく‥‥ 😳 


にほんブログ村

孫のおかげで経験できること

孫のはるチュウくんのために戦車のプラモデルを組み立てております。

どんなプラモデルを選ぶかはほぼ自分の好みで、ここがいい訳です。 😀 

孫自体にはまだ好みの対象がないわけで‥‥

そして、それは自身が子供のころ作ったものでもあり、

我が子が同じ年齢のころ作製したものでもあります。

つまり、一生に3回同じことが経験できるわけです。

当然3回目が一番上手にできると思いますよね。

おチュウもそう考えていました。

しかし‥‥、違うのです。

目が見えない! 😳 

要は老眼という予想外の状況に出くわし、

細かい部分の作製が困難になっていたのです。

落胆‥‥

孫はまだ小さいため、大体の形で動けば完成ということにしておきました。

しかし、おチュウの心の中は晴れません。

納得もしていません!


にほんブログ村

てんやわんやの状況に‥‥

無事息子のともチュウさん一家は大阪に戻ってきました。

折しもコロナ急拡大

東京から逃げるように‥‥

しかし、あれ‥‥大阪も五十歩百歩じゃねえか!

狭い日本ですから、3密になる場所はどこでもリスクが伴うこと間違いなしです。

その辺は個々に感染対策に気を使うしかないのでしょうねえ

ともチュウさん一家は縁あっておチュウたちの比較的近くに住むことになりました。

が、まだ賃貸マンションが完成しておらず、

今月いっぱいはおチュウの家になだれ込んだ状態のままです。

ともチュウさんとあやチュウさんは昼間はおしごとですから、

孫のはるチュウ君が保育園に行くまでの期間は面倒を見ることになるわけで、

しばらくはてんやわんやの状況が続きます。

本ブログもしばらくは途切れ途切れになるかもしれませんが、

これも致し方ないということでしょう。 😯 


にほんブログ村

コロナで変わる町の様子

なかなかしぶといウイルスですねえ 😳 

いい加減面倒くさくなってきたというのが実感なのかもしれません。

これで終わりというのがなさそうなのも精神的に疲れます。

ところで、3密回避の原則に照らし合わせれば、

これはまずいと思われる配置や物がどんどん削られ姿を消しているのです。

一例を挙げると、

いつも梅田界隈で歩き疲れたときちょっと座って休む場所があるのです。

植え込みの周囲に円形にサイコロ状のボックスが置いてあり、

椅子代わりにみんな座っておりました。

以前にも何度か本ブログで紹介したことがありましたが、

先日通るとすべて撤去されておりました。

写真のように実に殺風景な状況に‥‥

そんな光景があちらこちらに見受けられ、

町の景色が少しずつ変貌していくのです。

コロナ終息の際には是非元通りにしていただきたい。

しかし、今の状況ではいつになることやら

ところで、いよいよ息子家族が3年ぶりに東京から帰ってきますが、

このご時世タイミングが良いのか悪いのか

大阪も五十歩百歩の現状ですからねえ

でも不思議なのは、これだけコロナが増えているのに、

まだ知り合いに感染者が一人もいないのです。

遠い世界の話のようで‥‥ 🙁 


にほんブログ村