久しぶりのランチビュッフェと源八橋のヌーちゃん

ネズミのデカいような動物ですが、外来種で少しずつ各地に広がっているようです。

水辺で生息し、泳ぎは得意かどうかわからないが好きそうです。

近くまで寄ってくるので、こちらもあまり敵対心は抱かず温厚そうな感もあります。

そんな動物が大川にかかっている源八橋の下に生息しているのです。

知らなかったのですが、祝日にOAPで息子家族と5人で昼食後ヌートリアがいるということで、みんなでぞろぞろ見物に‥‥

その名の通り、ヌーとした感じで、餌やっている人もいて、鴨やら雀もやって来て盛況でした。

しかし、世間的にはけっこう悪者扱いなのです。

まあ、本人も日本に住みたいからやって来たのではないため、その辺は察してやっても良いかな

毛並みがイマイチなので積極的にかわいがってやろうという気もありませんが、

始めて実物を見たので報告しておきます。

孫は気に入っていたようですが‥‥

見たい方は源八橋の下に行けばいます。 😐 

 

ところで、昼食はミュゼリバーサイドで久しぶりのブッフェスタイル

コロナのご時世で、もうこのような形式はないだろうと思っていたため感慨ひとしお

ゆったり一時を過ごしました。

大川の眺めも素晴らしく、気が向けばまた行こうと思っています。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

梅まつりの時期

天神橋筋商店街を歩いたのですが、

梅祭りの旗がずらっと並んでいて気分的には明るい雰囲気を感じました。

しかし、昨日は厳しい寒さで、朝起きると外気は0℃

梅の花が咲く頃は寒い思いしかありません。 😳 

梅に鶯という定型の取り合わせはイメージとして暖さを感じますが、

絵には気温の要素が入ってないので昔の人もくしゃみをしながら梅の花を見ていたのでしょう。

大阪天満宮側の枝垂れ梅も満開でした。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

桜並木も虫食い状態

大川沿いの桜並木を歩いていました。

まだ冬枯れの様相ですが、あと2ヶ月も経たないうちに満開になり、

きっと大勢の人が花見に訪れることでしょう。

その頃には例のはやり病も治まっていてほしいものです。

 

ただ、ちょっと心配なこともあります。

所々に木が枯れてしまい伐採された後だけ残っています。

こんな光景じつに興ざめなのです。

整然と木々が並んでいての並木なのですが‥‥

 

やはり桜の寿命はさほど長くはないのでしょうねえ。

種類にもよるのでしょうが‥‥

であれば、枯れていくものはしょうがないとして、

その後に若木を植えるべきなのです。

 

ここは大阪の桜の名所としても有名です。

多くの人を呼び寄せることのできる場所なのですから、

日ごろのメンテナンスは必須のはずです。

が、作って終わり感が漂っているところが残念です。

 

一体どこの管轄なのか? 国、大阪府、大阪市?

サイトを調べてみても詳しいことは書かれていませんねえ。

予算的なもので苦しいのであれば、

クラウドファンデイングを立ち上げていれば参加しようと思いましたが見つかりませんでした。

大阪の宝をみすみす捨ててしまうような気がして残念です。 😳


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

淀川の土手でツクシを発見

まだまだ寒さ厳しい折ですが

だからといって家の中に閉じこもってばかりというわけにもいきません。

こんな時でも運動は健康維持に欠かせないでしょう。

おチュウはしばらく淀川を見ていないことに気づき、

久しぶりに毛馬の閘門まで歩いてみようと出かけることにしました。

いざ出発!

風は冷たいのですが、心もち太陽の位置が高くなったように感ぜられ、

まだ1月とはいえほんのちょっぴり春が近づいている気がしてうきうき 😉 

淀川に着いてみると南向きの土手には日が燦々と当たっておりました。

でもなあ、まだ1月だからツクシが顔出すには早いんじゃないか 😕 

そう思いながら例年顔出す辺りを探索してみると、

ありました、ツクシです。

昨日だともっと勢いがあったのかもしれません。

少しピークを過ぎてしわしわになりかけのツクシを見つけました。

今年は少し春が早いのか?

まあ、いずれにしても心は晴れやかになりました。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

やはり部屋に緑があるとほっとする

10年間リビングにあった観葉植物(名前すら忘れてしまいました)がへたってしまい、

お別れをしてしばらくたちました。 😐 

最後の方は痩せ細ってしまった植物でしたが、

わずかにある緑に少しは気持ちが和んでいたのでしょうね

やはり、なにもないと殺風景というか、なんとなく落ち着きません。

ゆうチュウさんと相談し、やはり何かが欲しい!

緑色をした何かがあるべきだとの結論

やはり、そうすると観葉植物ですかねえ、ということに

いろいろ物色した結果、鮮やかな緑色のセロームという植物が目に留まり、

これにしよう! あまり大きくないし‥‥

そうなんです、前の植物はデカすぎて鉢もそれなりのものでした。

処分するとなると植木鉢が重いのなんの、土もいっぱい入っていたし‥‥

もう処分するときのことを考えてと、ちょっといやな気分にもなりますが、

とにかくそこそこの大きさのものを購入しました。

やはり、緑があると人間ほっとするもんですねえ

昔人は緑に囲まれて生きていたからなのでしょうか?

すっかり落ち着きました。 😉 


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ