縦横無尽に散歩

早朝です。
グラウンドにはまだ野球少年の姿は見かけません。 😮

芝の緑濃く今日も暑くなりそうな空気感がそこにはあります。
遠くからクマゼミの大合唱も聞こえてきます。

そして、おばさんが犬を引きつれ散歩の最中です。
毎朝恒例行事なのでしょう。
犬には散歩が必要です。

どこをどのように歩こうが野球少年はおりません。
したがって、無人の荒野を行くがごとく、
おばさんと犬は縦横無尽に突き進んでいくのです。

 

流木にネッシーの気配

川面を不規則な動きをするものを発見!

遠くから見ると、
水面に2か所出ておりくねくねと動いています。
生物のようですが ‥‥、
光りの関係でよくわかりません。

しばらくその様を観察していると、
どうやら流木のようでがっくり  😳
UMAではないかと一瞬緊張が走ったのですが ‥‥

第一発見者は何をすべきかとか、
つまらんことにまで想像を膨らませていた自分が情けない。

ネス湖のネッシーも案外こんなものかもしれません。

でも、ネス湖の水を採取し含有物をDNA解析するとか、
ヤフーの映像トピックスに載っていました。

もうちょっと現実的な可能性を追求してはと、
おチュウはあきれたのですが ‥‥。 😕

人間の頭のどこかには未知のものへの憧れがあるようです。

外来生物が生態系を変えると言いますが ‥‥

先日淀川べりを散歩していると、
波間にちょっとした出っ張りがあり、所狭しとカメが甲羅干しをしていました。

そう言えば、ずいぶん以前に、同じシチュエーションでブログに載せた記憶があります。

おそらくこの背後には大量のカメが淀川で生息しているのでしょう。
つまり氷山の一角というやつです。
そして、多分ほとんどミドリガメ。 外来種です。 😕

すでに生態系は変化しているはずです。
池の水を抜く番組を見ていると、必ずいますね。

でも、さすがに淀川の水を抜くことはできません。 😆
つまり、これからもどんどんミドリガメが増え続けるわけです。

でも、おチュウは思うのです。
これはこれでいいんじゃないか!

どんな生物も多かれ少なかれどこからかやってきたわけですから。
そうして、淘汰を繰り返しつつ、その時々でバランスが取られているわけで。
これが正解というものはないはずです。

生物多様性です。
この先、仮にミドリガメに素晴らしい薬効とか人に有益なものが見いだされると、手のひら返しで権利を主張するに決まってるのですから。

 

 

猫と認知症

「健康診断のお知らせ」という封書が届いていました。
開けると認知症の予防のためにという用紙があり、
はつらつ脳活性化3つの輪とあります。 😐

つまり認知症にならないための心得ですが、
その1つに頭を使うがあります。
日ごろの意識的な思考の重要性を指摘しているわけです。

柔軟な思考を忘れないようにということなのでしょう。

考えることの重要性を思いながら歩いていると、
涼しい風が吹き、
初夏の日差しを受けながら、
猫が気持ちよさそうに横になっています。

食事を終えたのでしょうか。
満腹でうとうと、
もうちょっと寝ようかななんて ‥‥

欲望のままに寝てはおき食べては寝る ‥‥。
おチュウもややもすると猫に近いのかもしれません。

あんたの世界でも認知症はあるのかい?
そう問いかけていました。 😀



カメレオンねこ

公園の脇を通り過ぎようとしていました。
突然猫がいるとゆうチュウさんが叫んだのです。

振り向くおチュウ
どこ? 居てへんで!
ここやん
と矢継ぎ早に和歌山弁的関西弁の応酬

よく見ると、植え込みの近くに塊が ‥‥。
寝ているのか?

枯れ枝ようなものが敷き詰められた一角で、
同じような色彩を利用して
巧みに気配を消しているのです。

猫も自分の服の色を認識しているのでしょうか?

今朝は冷え込んだため、
少しでも暖かい場所を求めているのでしょう。

一枚撮っておこう!
カシャッという音にようやく気付いて、
めんどくさそうにこちらを見たカメレオン猫でした。

 

ZNT 萌えニャンコ呼吸ランプ ベッドサイドランプ LED デスクライト 24連続照明 間接照明 猫ランプZNT-C101

新品価格
¥2,000から
(2017/11/3 05:17時点)