吹きだまり

道路脇の自転車置き場

落ち葉でぎっしり 😉 

いわゆる吹きだまりというやつですが、面倒なのです。

1,2回ならどうってことないのです。ささっと掃はけば良い

しかし、翌日にはまた同じ状態に、という具合で木から葉っぱがなくなるまで繰り返し

どこが吹きだまりになるか?

なかなか予見できません。 🙁 

自転車置き場を作ってみて初めてわかるわけです。

20年以上前のことですが、四国に住んでいました。

で、坂の途中に土地を購入し家を建てたのです。

良くあるなんとかタウンというところの一角

まっすぐな上り坂が家の近くまで続きそして少し手前からゆっくり左に曲がっていく

だから、2階から坂道がよく見えたのです。

気に入っていました。 😀 

道に沿ってイチョウ並木が続いていて、秋は葉が黄色に色づき散っていく

問題はその後です。

木枯らしが吹き路上の葉が舞い上がり坂を上ってくる。

ちょうどうちのガレージが坂の方を向いておる 👿 

つまり、大きなちり取りと化して車が入らないほどイチョウの葉でいっぱいに‥‥

閉口しました!


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

光のまぶしさに冬至近しを知る

西高東低、安定した冬型気圧配置の昼下がりです。

寒風に背を向け歩いておりました 😐 

ビルの谷間を抜け交差点に出た瞬間、強烈な光が目に入り前が見えなくなりました。

目の前のすべての対象物が逆光となり消えてしまったのです。

おチュウはただ一人、光の中に立ち尽くすのみ 😯 

車の騒音や行き交う人々の気配は耳から入ってくるのですが‥‥

その光、正面斜め上から?

つまり、その正体、お日さまの光ということでした。 😉 

太陽の位置がこれほど低くなっていたとは‥‥

夏には頭上にあって髪をじりじりと焼いていたのに、

今度は視界に入り脳みそをクラクラさせるなんてねえ

そろそろ冬至近しと気付かされました。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

はやぶさ2で宇宙に思いを馳せる

はやぶさ2が小惑星リュウグウで採取した試料を無事持ち帰ったようです。

探査機自体はそのまま次のなんちゃら惑星へ100億キロの旅に出かけたとのこと。

そのようなニュースを聞いていると、どうしても宇宙空間に思いを馳せてしまうのです。

宇宙の果てはどこ?

ブラックホールに行けるのか?

ビッグバン以前はどうだった?

わからないことだらけですが、そのスケールに比べ人の悩みは些細なことよ

というのはよくある話のもって行き方で‥‥

日常生活の細かいことにストレスを感じていた頭をしばし大宇宙へ解き放つ、

途端に細かいことはどうでも良くはなります。 😀 

おチュウもこの手法をよく使いました。

しかし、これはあくまでしばしの間であるべきで、

必要以上にのめり込めば、気持ちがおおらかになりすぎて、

現実生活の早さについて行けなくなっていたという失敗もありました。

ただ、ロマンは持ち続けたい!

そして、ときどき頭の片隅から引っ張り出して、しばし宇宙に思いを馳せたいものです。 😉 


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

観葉植物に見切りをつけるとき

我が家の観葉植物、リビングの片隅で10年

ここに越してきた年月ですが、ゆうチュウさんが引越祝いに友人からもらったものです。

以後、特に肥料をやるでも無くときどき水やりをする程度

その役目はおチュウ 😯 

良く持ちこたえた感があります。

しかし、5年を過ぎた頃からなんとなく勢いが無くなって、衰退期に入ったようです。

ただ、どう世話をすればいいのか今ひとつわからず、

その結果ひたすら水をやり続けるという日々がその後も続き‥‥

ついに今年に入ってから葉っぱに筋が入ってきまして、しわしわしてきました。

そして、観葉植物でありながら観葉には適さないと判断したわけです。

つまり、ただの植物に成り下がってしまったのです。

何が観葉植物なのか判定基準は特にありません

ただ‥‥、ある日見た瞬間、道ばたの木だと思ってしまいました。

ということで、誠に名残惜しいのですが、おさらばしました。 😳 


にほんブログ村

桜の紅葉もほぼ終わりのようです

数日前までは、ご覧のように見事な紅葉でした。 😀 

余りの色彩の見事さに歩を緩めてしばし眺めてしまいました。

でも時間は止まってくれません。

風がそよぐたびに一枚二枚と舞い落ちていきます。

そのような光景を見るにつけ世の無常を肌で感じてしまうわけです。

ところで、ここしばらく南風が入り暖かい日が続きました。

大阪でもこの時期に夏日という考えられないことも起こってしまい、

世の中どうなってしまったのかといぶかしんだのですが‥‥

昨夜のうちにまあまあの雨が降り、

昼前には停滞前線も通過し徐々に冬型の気圧配置になってきたようです。

途端に天気は回復、変わって強い北西の風が吹き出して、

みるみるうちに桜の木が丸裸になっていきます。

もう後戻りはできません。

やっと気温が下がり始め冬の装いへと変わりつつあります。


にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ