気が付けば若葉で緑色に

近所の神社にあるイチョウの古木です。

大体神社仏閣にはイチョウかクスノキの大木があるものですが、
イチョウの場合秋には色付き散ってしまいます。

冬の間は殺風景な境内でより寒さを感じさせるのですが、
春ともなると一気に芽吹いてきます。

ここは時々歩くのですが、
ほんの数日前には枯れ木状態だったのです。

ところが今日はこの通り。
緑色になっていました。 🙄 

それだけでなんとなくウキウキ楽しくなってくるから不思議です。

このイチョウは神社と共に生きてきたのでしょう。

神社の歴史そのものかもしれません。

おチュウはその長さに比べたら
ほんの一瞬しか時間を共にしていないのですが、
古くからの友人のように思えてなりません。 😀 


にほんブログ村

ユキヤナギの花

あちらこちらでユキヤナギの花が咲いています。

遠くから見ても真っ白な花は鮮やかです。
春は桜だけが花が咲くわけではありません。

桜の花に似た花もあちらこちらで咲いているのですが、
おチュウには区別することができません。

でもアバウトでいいんです。
桜であろうとなんであろうと、
花が咲いていれば癒され心うきうきです。 😕 

ところで、近所のユキヤナギの花ですが、
注目されるのもあとわずかです。

なぜならば、すぐ近くに桜並木が続いていて、
すでにちらほら花が咲き始めています。

あと数日すれば花見シーズンとなりそちらに目が行ってしまう。
今が頑張りどきです


にほんブログ村

準備万端でも開花はまだ先?

昨日までの温かさはどこかに行ってしまい、
風の冷たい底冷えのする一日でした。 😳 

おチュウは都島を歩いていましたが、
公園はすでに提灯が飾られ花見の準備完了です。

しかし、残念ながら桜のつぼみはまだ固いようです。

おじさんがベンチで寒さに耐えておりましたが、
おチュウにはどうしてそこに居るのか分かりません。

開花するのはまだ先でしょう。
帰った方が風邪ひかなくていいですよ 🙁 

まあ、それはそれとして、
寒気が抜けるといよいよ花見シーズンです。

センバツ高校野球も始まり、
故郷和歌山代表もなんとか勝ったようです。

春はそこまで来ていると感じました。


にほんブログ村

ファミレスから虹を見る

ゆうチュウさんとファミレスに出かけました。

昼をかなり過ぎていたので席に余裕があり、
窓側の席を選びました。

ここは最近全室禁煙になったので、
煙を気にしなくてもいいのです。

本日朝から不安定な天気でして、
午前中は急な雨と雷それに時々雪も舞っていました。
何でもあり状態です!

料理を待っている間なにげなく外に目をやると、
なんと虹が出ているではありませんか。

何でもありのフィナーレとしては粋な計らいです。 😕

ちょっと得した気分になったゆうチュウさんとおチュウでした。


にほんブログ村

梅も満開となっていました

梅林に咲く梅花は壮観ですが、
ちょっとした公園にひっそり咲く梅にも目を奪われます。

都島を歩いていると、
小さな公園に赤と白の花が満開になっていました。

どちらも木は一本だけでしたが、
それがかえって鮮やかに見え目立ってしまいました。

不思議なものです。

桜の前哨戦ともいえましょうか。
そういう位置づけだと梅の花には気の毒ですが、
未だ風が冷たい時期の梅の花はじっくり花見とも言いかねます。

毎年梅の花を見ると、
もうすぐ温かくなって桜も近いと考えてしまうおチュウです。 😐 


にほんブログ村