紅葉の季節は足早に過ぎ行く

明け方の冷え込みも加速しているようです。

やっと温かいものが恋しくなる季節になりましたが、

道を歩くと色とりどりの落ち葉が目立つようになりました。

おチュウの町には桜並木が多くもみじやイチョウは比較的少ないようです。

紅葉の季節といっても木の種類によって時期がずれますが、

桜の場合は比較的早くあっという間に進んでいます。

冷え込みが緩いと紅葉も汚く終わるのですが、

今年は順調に朝の冷え込みが進んでいるせいか、

桜の葉の色づきが際立ってきれいに感じます。


にほんブログ村

紅葉のはじまり

昨日は秋晴れの一日となりました。

という表現では表しきれないほどの青空で、

こんな日はフラフラと空を見ながらさ迷い歩いてしまいがちです。

造幣局向かいの旧桜宮公会堂の方に行ってみました。

といいますか、気が付けばそこに居たという表現でしょうか

桜の木が二本植わっていましたが、

いずれも紅葉がはじまり木々と空の青さとのコントラストが印象的でした。

大川沿いの桜並木はまだ少し早いようです。

ちょうど昼時になり帝国ホテル前の階段に座り込んで、

ランチを食べている人多数

さらに行くとジョギングの人ちらほら、犬の散歩のご老人

一見して穏やかな秋の一日ですが、

よく見ると草むらに木の根っこが掘り起こされて放置されています。

昨年の台風の被害がまだあちらこちらに散見されるとは!

ちょっと来年が来るのが怖い気もしたのですが‥‥


にほんブログ村

再び台風がやってきそうですが‥‥

台風19号が巨大化しているようです。

この時期としては海水温が高くなかなか衰えない予測です。

今年はもう終わりかと思っていたのですが、
再び三連休辺りが要警戒です。

はるチュウくんたちが遊びに来るということで楽しみにしていたのに、
大体こんな時に限ってやってくるものですねえ。 😯 

しかし、日本も因果な国です。

何もこんな台風の通り道に陸地が出来なくていいのにねえ‥‥

建物が近代化された昨今でさえこの被害ですから、
いにしえ人は散々な目にあったことは容易に推察できます。

それにもめげずに立ち上がってきた日本人の強さには驚嘆するばかりですが‥‥

とはいえ、なにかを成すにしても命あってのことですから、
みなさんくれぐれも気をつけてください。


にほんブログ村

ひこうき雲突き刺さる

快晴の空を見ていました。

すると、糸のような白い雲ができ始め‥‥

みるみる糸は長くなりはるか前方のビルに向かって突き進む 🙄 

まるでビルに突き刺さったような光景が生まれましたが、
そのうちに糸はぼやけて紐になり空に同化していきました。

たまには何も考えず空を見ているのも良いものです。

たまたまひこうき雲ができる様子が見れたので、
ちょっとだけ得した気分ですが、

さあそろそろかえろう!

今日は甲子園でメッセの最後の登板だからと、
帰途に付いたおチュウでした。


にほんブログ村

彼岸花とコオロギ

どこに住んでいようと彼岸花の赤は目を引きます。

草むらを赤く染める彼岸花は壮観ですが、
街中の片隅に咲く一輪の花もそれなりに風情を感じます。

むしろこちらの方が花の実像が強調され存在感が増しているのかもしれません。

どこからともなくコオロギの鳴き声が聞こえてきました。

突然、子供のころの田舎の光景が頭を過ぎります。 😐 

あれは秋分の日を迎えるころ、
黄色くなった田んぼを取り囲むように赤い花が咲き、
辺りはコオロギの鳴き声で満ちていました。

そこには人工的な音声はなく‥‥。

随分生活環境が変わってしまいましたが、
秋を感じさせてくれる花は依然として健在のようです。

そして、か細い鳴き声も‥‥


にほんブログ村