路面のアブラゼミにふと思うこと

虫好きのおチュウではありますが、
このところ道端に転がっている蝉の死骸を見るにつけ
季節の進みを実感します。

大阪で蝉といえばほとんどクマゼミなのですが、
まれにアブラゼミが路面にいるのを見つけると
何となくうれしくもなるものです。

ところで、
故郷和歌山では8月の中旬以降になると
ツクツクボウシが盛んに鳴き出すのですが、
ここ大阪市内では全く鳴き声を聞くことはできません。

生息域がそもそも異なり
最初からツクツクボウシがいないのか、
以前いたのが環境の変化でいなくなってしまったのか、
おチュウには分かりません。

ひょっとして和歌山でもツクツクボウシが少なくなっていたらと、
ちょっと気にはなった次第です。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

なんとかしてくれ! この暑さ

おチュウは思わず叫んでいました。
まだ梅雨明け宣言のない大阪ですが、
このところの晴れて高温多湿の厳しい暑さからして
とっくに梅雨なんて終わっているはずです。

気象庁の方々にもいろいろ事情はお有りかもしれませんが、
ここは勇気をもって梅雨明けを高らかに宣言していただきたい。

ところで、
それは言葉だけの問題ですが、
宣言したところで暑さがどうにかなるというものではありません。

このところ朝からクマゼミがじゃんじゃん鳴いています。
過去をひも解くと
7月2日にすでにクマゼミの鳴き声を聞いたと
おチュウは日記に書いていました。

それから2週間
すでに路肩の植え込みにはごらんの通り
セミの抜け殻が所狭しとくっ付いています。

たぶんいい場所というのがあるのでしょう。
セミでないおチュウには分かりませんが ‥‥

しかし、これから2か月はうだるような暑さが続くと思いますが、
皆さまお体にはご自愛ください。

 

【送料無料】フロム蔵王 HybridスーパーマルチアイスBOX24【アイスクリーム】

価格:3,000円
(2017/7/18 07:29時点)
感想(5523件)

自然界の厳しさを垣間見る

チョウの写真を撮ろうとうろうろしていました。

宇陀の山中での話ですが、

クロアゲハが河原で羽を休めています。

取りあえず一枚

少し行くとヒメジャノメが

葉っぱの上でじっとしていました。

これも一枚

てな感じで何枚か写真を撮り

自宅で見てみると、

羽がボロボロです。

 

何があったのだろうか?

自然の中で生き続けるのは

想像以上に大変ななことなんだろうとふと思いました。

 

おチュウのように空調のきいた部屋にいると、

その大変さが分かりません。

 

陽の光を浴びてゆったり休んでいるようで、

実はチョウにとっては

そんな余裕なんてなかったのかもしれません。

 

お名前.com

道端のアオスジアゲハ

道路すれすれを不自然に飛びながら

片隅の草叢の方へ

 

どうもおかしいと思い

おチュウが近づくと

羽化の時トラブルがあったのか、

片方の羽が先端の方で広がらなかったため、

バランスが取れずまともに飛べないようです。

 

残念ながらもうどうしようもありません

せっかく幼虫、さなぎと危ない時期を生き延び

無事成虫になったかと思えばこの状態

 

自然とは厳しいものです。

春の陽ざしを浴びながらも厳しい現実が忍び寄っていました。

 

通常ではあのアオスジアゲハの俊敏な動きの前に

近づくことさえできないおチュウですが

至近距離から写真が取れてしまうのですから

なんとなく世の無常を感じました。

 

楽天トラベル

テントウ虫

この時期になると紫外線の強さを実感します。

太陽が顔を出すと肌がじりじりするのを感じるものです。

昨日はそんな日でしたが、

久しぶりにワンドの方に自転車に乗り出かけました。

 

草むらは緑に変わり

ミツバチがカラスノエンドウやタンポポの花に集まっています。

すると、オレンジ色の小虫がうろうろ

ナナホシテントウの姿が目に入りました。

 

おチュウはしばらく眺めていましたが、

隣のグラウンドの少年野球のボールが転がって来て

びっくりしたのかどこかに飛び去りました。

日は高くまもなく正午のころでした。

 

[ニューバランス] スニーカー ユニセックス ML574 D(17春夏モデル)