最近みの虫を見なくなったことに気づき‥‥

当たり前のように存在するものは特に気にもしないのですが、

みの虫もそういう類いのものだったのかもしれません。

子供の頃枯れ枝にぶら下がっていたみの虫

ちょっと探すと5個や6個すぐに捕まりました。

持ち帰り、衣服を剝いで幼虫を毛糸の中に入れると、

程なく動き出し毛糸の蓑を作るのです。

そんなことを思いだし、冬枯れの枝にみの虫を求めたのですが、

無いんですわ! 🙁 

小一時間探して収穫ゼロ

これも自然環境の変化でしょうか?

帰って早速PCで検索してみると、

どうやら1990年代に外来種の寄生バエの影響で激減したとか 😳 

ふーん、今や絶滅危惧的扱いを受けておる

若干持ち直しつつあるとも書いているが‥‥

おチュウの周りにはありません。

案外普段目にする当たり前の自然環境も、

気づかないところでダイナミックに変化していることに気づき、

ちょっとした衝撃を味わったわけです。


にほんブログ村

昨日大阪でセミが鳴いていました!

昨日午前大川沿いに差し掛かったときです。

なにやら懐かしい鳴き声じゃないか???

一瞬戸惑ったのですが‥‥

クマゼミが鳴いていたのです。

紛れもなくあいつの鳴き声です。

くそ暑い時期はもうとっくの昔に終わっていますが‥‥

このところの異常気象でしょうかねえ?

来年に向けて地中で待機中の幼虫が、あっという間に冬終わりまた夏が来たと勘違いしたのか?

とにかく、一匹だけ盛大に間違いをやらかしていたのです。

いずれ気付くとは思いますが、

待てど暮らせど仲間はやって来ないのです。

だって、もうすぐ冬ですから‥‥ あらら 😉 

つくづく自然界も大迷惑しているんだろうなと思った次第です。


にほんブログ村

人の好みや趣味に理屈なんてありません

なぜこれが好きなのか、どうしてそんな趣味を持っているのか?

そんな質問を受けることがありますが、

そもそもなぜと聞かれても好きだからとしか言いようがなく‥‥、

答えようもないのです。 😳 

おチュウが育ったころ、周囲にいろんな虫がいたから好きになったとしか言いようがなく‥‥、

でも逆に虫が嫌になる人もいるはずで‥‥、

理由は不明ですが結果として虫が大好きのおチュウなのです。 🙄 

すでにその季節は過ぎ去ろうとしていますが、

せめてひと目と思い長居公園の自然史博物館で催されていた昆虫特別展に行ってきました。

なにしろ今月いっぱいで終了なのです。

油断していました。 😉 

ところで、昆虫といいましてもその範囲はすこぶる広いわけで、

見るにしても好きな虫中心になってしまいます。

帰りには衝動買いでぬいぐるみまで買ってしまい、

ゆうチュウさんにちょっとヒンシュクを買ってしまいました。

こんなものどこに置くの? 👿 


にほんブログ村

ひっそりとアオスジアゲハ

マンション玄関の壁になにかある‥‥

近づいてみるとアオスジアゲハが身をひそめていました。

手が届く距離ではありませんが、
これだけ近づいても微動だにしないのです。

あのすばしっこくて警戒心の強いアオスジアゲハがですよ!

ちょっと意外でした。 😐 

おチュウたち人間は毎度の夏ですが、
彼には最初で最後の夏です。

ちょっと疲れが出たのでしょうか?

そっとしておくことにしました。 😀 


にほんブログ村

こんな所でミンミンゼミを目撃

夏も後半に差し掛かった今日この頃です。

蝉の鳴き声もやや勢いに欠け、
そこはかとなく秋の気配を感じかけていたのです。

いつもの遊歩道、そして早朝です。

ふと足元を見ると蝉の死骸が一つ
でもありがちなクマゼミでもアブラゼミでもない‥‥

これは‥‥ ミンミンゼミやおまへんか!

大阪に来て20年近くになりますが、
ミンミンゼミを初めて見つけました。

いたんだね 😀  でも、ひっそりと 🙁

クマゼミの鳴き声にかき消されていたけれどいるにはいたんだ!

せめて生きている間に再開したかったが‥‥

でも、なんとなく虫好きのおチュウにはうれしさが込み上げてきました。

来年も会えるでしょう。
ぜひ生きてる姿を見たいと思ったのです。


にほんブログ村