夏の忘れ物

真冬となっております。

風は冷たく歩いていてもつま先が冷たくなります。
木々も枯木となり寒々とした風景ですが、
よく見ますと何やらポチポチとくっ付いています

そうです!
セミの抜け殻が未だに幹にへばりついていました。
3個ばかり頑張っています。

しかし、あれだけあったセミの抜け殻も、
これだけになってしまったともいえますが、
この寒空にちょっと気の毒です。

もうあなたの役割は済んだのだから、
楽になってくださいと言いたいおチュウでした。

それにしても、近所の屋根までぶち壊して行った台風21号でも、
セミの抜け殻には手を焼いたのですから、
ちょっと面白さを感じました。


にほんブログ村

落日のトノサマバッタ

朝夕冷え込む季節になりました。
本日は立冬だとか
いよいよ寒い季節がやってきます。

草むらを歩いていると虫が飛び出してきました。
まだ生きているんだと思い近づくとトノサマバッタでした。

気温が下がっているため動きも鈍いようです。
写真を撮ろうとしても逃げようとしません。

忍び寄る冬を前にして、
精一杯残りの人生を生きているのかもしれません。

一匹だけ取り残された寂しさを全身に漂わせています。

おチュウも心情的に共感してしまい写真を一枚!
そっとその場を離れることにしました。 🙄

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

カメムシの季節

ひたひたと迫りくるのは感じておりました。

毎秋、カメムシは必ずやってきます。 🙁
1匹見つければ10匹はいる。
10匹いれば100匹はいるのです。
つまり、その背後の無数の存在をイメージしてしまうわけです。

虫は好きです。
ライフワークでもあります。
特に、カメムシはかわいい形態が多く興味は尽きません。

が、匂いを放つとなれば状況は一変します。
洗濯物に微かに匂うもの ‥‥ カメムシの痕跡です。
丹念に調べていくと必ずどこかにくっついています。

栗やマツタケが秋の表の顔だとすると、
裏の顔としてカメムシはその存在を主張し続けます。

そして、今年もついにやつを見つけました。
窓にへばりつき、こちらの様子をうかがっています。

でもそこまでです。
そこから中には入れません。
いや入れません。

 

トンボ撮影はむずかしい!

虫の写真撮影は長年の趣味ですが、
やはり動いているものを映すのは難しいものです。

写真はコシアキトンボですが、
どうしても静止している姿になってしまいます。

空中を飛んでいる姿をとるのは至難の業です。
動きが早いうえに予測不能な方向に飛ぶので、
おチュウの反射神経では限界があります。

仮に映っていたとしても、
この通りのピンボケ状態ですからいやになります。 😳

このくそ暑いのに淀川のワンドで立ち尽くし、
気配を消して石仏と化すのです。

なんでこんなあほなことしてるのやら  😀
これも好き故になせることなのでしょう。

これで熱中症で倒れたら物笑いの種でしょうが、
その時はすでにあの世に行ってるわけで、
そんなこといちいち気にはしません。

ただトンボの写真撮りたい一心なのです。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村

蝉さま御一行

ほんの一週間前には静けさというものを味わえたのです。
ところが今週に入ると打って変わって ‥‥ 😳

朝からジャンジャンとクマゼミの大合唱!
桜の木にはセミの抜け殻があちらこちらと点在しています。

毎度のことながら、
暗いうちにセミ様御一行が到着し、
無事殻を脱ぎ捨て空へと羽ばたいたようです。

これから毎日のように地中から長い旅を終え殻やって来ては、
人生の集大成というか地上で最後のひとときを満喫するのでしょう。

最盛期には幹に殻がてんこ盛りに積み重なり、
セミ社会の生存競争の厳しさを垣間見ることになります。

残念ながら本日の気温は40℃近くになるようです。
酷暑の予報  🙄
もう一年待った方がよかったのにねえ。