アユの季節

Exif_JPEG_PICTURE

人盛りができていました。

近くにいたおじいさんに聞いてみると

稚アユを釣っているのだそうです。

 

そう言えば、

テレビではアユ釣り解禁、

そういったニュースを目にしました。

 

てんぷらにすると美味しいそうですが、

おチュウは川釣りは知りません。

 

大物求めて

海釣りの力勝負をしてきましたが、

川釣りの繊細な仕掛けも

魅力的ではあります。

 

釣る魚によって

仕掛けや竿を変えれば、

それ相応の醍醐味は得られます。

 

大阪に来て16年、

釣りはしなくなりましたが、

久しぶりに懐かしくなり

しばし釣るのを眺めていました。

 



荒天のしわざ

Exif_JPEG_PICTURE

天気とは不思議なものです。

 

地形など複雑に影響し、

こんな狭い日本でも目と鼻の先で

ずいぶん状況が異なります

 

昨日からの

低気圧の通過に伴い

日本は大荒れの状態のようです。

 

ところが、

少なくとも大阪市内はさほど感じません。

 

お隣の兵庫など

警報が出されていたのですから

不思議なものです。

 

ところで、

この低気圧が

遠く金沢でも猛威を振るい

ともチュウさんとあやチュウさんが

足止めを食っているようです。

 

せっかくの予定が狂ってしまいましたが、

無理をしないように!

おチュウとゆうチュウは

待っています。例の場所で!

 



尺取り虫

Exif_JPEG_PICTURE

懐かしい虫に再開しました。

歩道を歩いていると、

小さな木の枝のようなものが —–

 

前行く人は通り過ぎたけれど、

おチュウはごまかせません。

君は尺取虫だね

 

一瞬で見抜きました。

この道

半世紀以上の

昆虫愛好家なのですから

 

掌に載せてみました。

なおも “違います。枝です”と言い張ります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

木に持って行くと

幹にへばりつきました。

さすが! ほとんど見分けがつきません。

 

それにしても、

ずいぶん久しぶりに

尺取虫に会えました。

 

こんな町のど真ん中で

たくましく生きていることに感動です。

いずれシャクガになり飛び立つのでしょう。

それまで無事でいろよ!

 



草ぼうぼうの公園にて

春は生き物の季節です。

植物だって、

芽を出し、花を咲かせ

花壇には色とりどりの花が咲き

遠目から見ても鮮やかに見えます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

巷の雑草とて同じです

あっという間に

辺りは草ぼうぼう

 

少し前にこの公園に来ましたが

何の問題もありませんでした。

でも今はこのありさまです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

一年間のうち、ほんの二週間程度で

こん変貌ぶりです。

 

以前、人類が滅亡し

その後の光景を時系列で描いた映画や本が、

けっこう出た時期がありました。

 

でもこの光景を見る限り、

自然が人為的工夫から脱出し元に戻るのは

もっと早いのかもしれないと思い、

おチュウはしばし立ち尽くしたのでした。

 



猫の記憶

Exif_JPEG_PICTURE

朝の散歩道

庭先にちょこっと座り、

何を思う? 猫

 

かつて、

猫を飼っていました。

子供の頃の話です。

 

家の周囲は田圃が多く、

放し飼い状態!

素性怪しい猫でしたが、

夜には家に戻り、

おチュウの夕飯の残りを食べた後、

こたつに潜り込むという、

定番の動作を繰り返していました。

 

ある日、

夜半に鳴き声が続いていましたが、

朝起きてみると死んでいたのです。

 

たぶん腐ったものでも食べたのだろう。

そういうことで決着しました。

 

それ以来、

猫は飼っていません。

名前は確か、トラかタマ

ミケだったかも知れません。

 

今ではマンション暮らし

この環境で飼うのはかわいそうです。

大阪の夏場の気温には

耐えられないかもしれません。