あと数日の桜

Exif_JPEG_PICTURE

とうとう雨がやってきて

花散らしとなるかもしれません。

 

本日たまたま

桜並木を通ることになりました。

散った花びらが張り付いた

歩道を歩いています。

 

水たまりには

桜の木が映し出されていますが、

時々雨粒が落ち

波紋が広がっていきます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

おチュウは

散り始めた桜が一番好きです。

だから、

このような悪天候にもかかわらず

花見を楽しむ

ご夫婦の気持ちもよくわかります。

 

あと数日、

その後は一気に新緑の季節に

突き進むのでしょう

 



遥かなる近江今津

Exif_JPEG_PICTURE

湖北の方には行ったことがないなあ。

北陸に行く途中 通過したことはあるけど

土地を歩いたことはない。

 

一度行ってみよう

青春18きっぷもあと一回分残っている。

 

ということで、

近江今津に行ってみました。

この辺じゃまあまあの駅のようだし、

何しろ新快速が止まるのだから

それ相応の町に違いありません。

 

しかし、

京都駅で車両が切り離され

12両が4両に

しかも、

途中から各停になっちゃった。

 

Exif_JPEG_PICTURE

駅に降りると、

様子がその ——

ホームの売店が完全に店じまい状態、

ジュラルミンの箱と化しています。

 

山手の方は

余り特徴も見られなく —–

しかし、人がいないなあ

新緑の頃は、

良いところかもしれない。

 

Exif_JPEG_PICTURE

逆方向に歩くと

すぐ琵琶湖に出てしまい遊覧船乗り場が —–

少し迷ったけど

天気も良くないし

また出直そう。

 

急に雑踏が恋しくなってきて

30分で観光終了!

 



人間の品格とは

Exif_JPEG_PICTURE

感じの良いレストランに

思わず立ち止まりました。

しかも、

生ビール 一杯100円

いいじゃないか!

素晴らしい!

 

次に、

但し書きに目が移り、

※生ビールのみのお客様はお断り

 

うーん

そんな客もいるのか?

もしかのための保険?

でもわざわざ

こういうこと書かなきゃいけないのも

さみしいねえ

 

おチュウは呟きながら、

じゃあ、

安いつまみ一つでも注文すれば

それで何杯でもOKということなのか?

そんな事裏ワザが

頭をよぎっていることに気づき

 

あんたのような人のために

わざわざ書いているんだよ

そう言われている気がして

足早に立ち去ったのでした。

 



続・大川の桜

天気の崩れがさほどでもなく

再び出動してしまいました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

天神橋筋商店街を遡り天満宮へ

神主さんがお勤めでしょうか

思わず参拝の振りをして

そそくさと

天満橋の袂まで直行

 

Exif_JPEG_PICTURE

大川沿いに

帝国ホテルまで歩きました。

 

ほぼ満開

まだ朝の9時頃なのに

桜見物の人々がぞろぞろ

外国の人が多いなあ

Exif_JPEG_PICTURE

何やらきれいな衣装で写真を撮っています。

横からその現場を撮影している人

おチュウはさらにそれを撮影

 

Exif_JPEG_PICTURE

桜の花もあまりに多いと

途中で飽きてきて

気が付けば下を見て歩いていました。

何しに来たのやら

Exif_JPEG_PICTURE

それにしても

この時間から宴会なんて

いつまでするんですかねえ

 



大川の桜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜明け前から起き出し、

何となく東の空が

明るさを増しつつある頃、

そそくさと出かけました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ太陽光が強くなく、

街灯の灯りもある

微妙な朝の光景に映える桜を

カメラに収めたい!

 

おチュウの年に一度の

大川桜の早朝撮影です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とは言っても

歩いて数分の距離ですが、

起きて出かける決断がなかなか大変!

布団の温かさに

うしろ髪を引かれつつ —-

 

明日は天候不良の予想のため

満開には少し早いけど

撮影だけはしておこう。

 

毎年出かけ、

ほぼ同じところで撮影してしまいます。

でも、

微妙に違う風景があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それにしても、

ほんの数日前開花を外し

やけくそ気味に宴会していた

若者たちの場所にも

桜は咲いていました。