運動会の季節

青空の下

元気な児童の歌声が聞こえてきました。

何があるのだろうかと先を急ぐと、

角の公園で運動会のようです。

Exif_JPEG_PICTURE

回り込んで近づいてみると、

幼稚園か保育園の運動会のようです。

ラジオ体操の真最中

手の動きがバラバラなのがこれまた新鮮で、

微笑ましく映ります。

 

テントの裏には、

既に小道具が用意され、

どんな競技があるのか何となく想像されます。

 

水筒が集めてぶら下がっているのが、

仲良しで微笑ましく思えました。

 

おチュウにもこんな頃があったのを思い出しました。

遠い遠い昔のことです。


至福の時

お肉に、玉ねぎ、ビールはいかがですか?

 

もう待てません!

ビール先に一口飲んじゃいました。

と思ったら、半分ぐらい飲んでいました。

Exif_JPEG_PICTURE

肉はまだか?

もういいか?

 

食べましょう。

久しぶりの肉はうまいなあ

玉ねぎはあとでいいです。

肉ください

 

おチュウは焼き続けました。

 

なにせ、四人もいると

焼けた瞬間がなくなるときで —–

 

すぐさま次の肉

何度か繰り返し

 

ウインナも欲しいなあ

ホルモンもたのんでね

 

あー、うまかった。

またいずれ近い日に!



世の中甘くないにゃあ!

明らかに劣勢です。

地上は猫の地盤かと思っていました。

しかし、

カラスが場を支配しています。

Exif_JPEG_PICTURE

これが一羽であれば、

どう状況が変化するかわかりません。

単独行動の猫と、団体行動のカラスの違いが如実に表れているようです。

 

目の前に餌がありながら、

手も足も出ず、

後方ではさらにもう一羽のカラスがやってきています。

状況は刻々と悪化の一途をたどるも、

待機して待てが継続中!

もはやいつ撤退の判断が下ってもおかしくありません。

 

ちくしょう!

地上で君臨しているニャン吉くんのプライドが許しません。

 

でもどうしようもないのです

知性に勝るカラスたちの団体行動の前に、

個人行動を得意とするニャン吉くんはなすすべ無し

 

おチュウはネズミながら、

ニャン吉くんを応援していました。


爆弾低気圧の又の日

寝る時は特に普段と変わった様子はなく、

ところが夜半に窓に打ち付ける雨音で目が覚めました。

程なく眠気に負けまた睡眠

翌朝は普段のような曇り空で、

特に風雨が強いということもなく、

なんとなく”夢だったのかな”の気分です。

 

爆弾低気圧は、

発達しながら夜のうちに通り過ぎたようです。

外に出ると、

寒冷前線が通過したため、

北風が入りすっかり肌寒くなっています。

Exif_JPEG_PICTURE

そうこうするうちに、

みるみる青空が広がり —–、

でも街路樹は、

心持ち昨日より葉っぱが少なくなったような気が します。

歩道では植え込みに吹き飛ばされた傘が乗っかっていたり、

辺りに葉っぱが打ち付けられたような跡が広がっていて、

昨夜の風雨のひどさが感じられます。

Exif_JPEG_PICTURE

天気図の推移を見ると、

通常は春先に現れる気圧配置なので、

面食らってしまいました。

これじゃあもう西高東低の強い冬型の気圧配置になっているじゃあないですか。

最近の気象異常はどうしたのでしょうか。

おチュウはふと不安になりました。


青い郵便ポスト

青い郵便ポストを見つけました。

先入観念とは恐ろしいもので、

ポストは赤色だと思い込んでいたのです。

今まで前を100回以上は往復しているはずですが、

気づかずに通り過ぎていました。

Exif_JPEG_PICTURE

速達用だそうです。

おチュウは知りませんでした。

恥ずかしながら調べてみると、

ずっと昔からあったようです。

Exif_JPEG_PICTURE

でも、赤ポストは全国に18万本もあるのに、

青ポストは39本のみ

 

ピーク時70年代で全国700本

今では39本

そのうち大阪に27本も! 残っている

理由はよくわからないそうです。

 

赤いポストでも速達を投函できるのだから、

もうなくてもいいような気もしますが ——

目立たないし ——-

気づかなければ意味ないですよねえ

 

まあ、いずれなくなる運命のようなので、

別に知らなくてもよかったのかもしれません。

たまたま可愛い娘とすれ違って、

振り向いたら目に留まっただけですから

 

発見のきっかけ自体不純なので、

投稿すら迷ったのですが、

一応報告しておきます。