開店直前のデパート

午前10時開店

今、9時56分

あと4分の辛抱です。

分刻みで人が増えてきて、刻々と緊張感が高まっていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

でも、今日は特にバーゲンとも聞いていません。

こんなに人がいて、

開店と同時にどこに行くんだろう?

おチュウはただ早く着いてしまっただけだけど

ゆうチュウがまだ来ないので、

10時になっても中には入れません。

どこに行けばいいのかさえ分かりません。

今日は人足要員ですから —–

 

デパートの商品ってそんなに少ないのでしょうか?

それとも先着割引なんてあるんですか?

開店前に詰めかけて、

一刻を争う理由がどうしても思い浮かびません。

 

あれこれ考えている間に、

あと2分で10時

やっと彼方に猛然とダッシュしてくる

ゆうチュウの姿を発見しました。


早朝の商店街

連日大賑わいの天神橋筋商店街

特に休みの日ともなると、

どこからともなく人が押し寄せ、

押し合いへし合いの状態が、

ほぼ一日続きます。

 

最近は、

海外の観光客が増えたような気もします。

耳慣れない言葉が、

あちらこちらから聞こえてきて、

東南アジアの繁華街かと錯覚することさえあります。

Exif_JPEG_PICTURE

さて、早朝の散歩です。

人気もなく、

静まり返った商店街

 

わずか数時間の後には

またあの賑わいが戻ってくるなんて、

想像もできません。

 

街行く人も何となくのんびりしています。

 

今歩いているのは、

数少ない近所の人たちでしょう。

人が押し寄せてこなければ、

このような状態が一日続くのかもしれません。

ふと、とある地方のシャッター商店街を想像しぞっとしました。

 

今ここは、

魅力的な店が建ち並び、

それ目当てで人が押し寄せ、

人が増えると、

さらに魅力的な店ができて ——-、

つまり、プラスのスパイラル

でも途切れば、マイナスのスパイラルが待っています。

きっと日々地道な努力があるんだろうなあ

 

この商店街を愛してやまないおチュウは

そんな事を考えながら、

“今日もいい日であればいいなあ”

そう呟きながら、

朝の空気を吸い吸い歩いた次第です。


イチゴショートケーキ至上主義

ケーキセットなら、

ブレンドとイチゴショートください。

おチュウは大体そう答えます。

Exif_JPEG_PICTURE

とにかくケーキは生クリームの上に苺が載っていればいいんです。

それだけで心が満たされます。

 

確かうんと小さい頃こんなものありませんでした。

それがある時期、突然現れて ——-

世界が変わりました。

 

おチュウには出現した社会的・食品的・技術的背景はわかりません。

とにかく子供だったある時期に、

このような気品のあるケーキが出現したのです。

 

ほとんど時を同じくして、

スポンジも、

ごわごわで水分の不足したすぐにのどに詰まりそうな素材から、

柔らかくみずみずしいものに変わっていました。

 

甘さ抑え目の生クリームに苺の酸っぱさがマッチして、

口当たりの良い湿り気のあるスポンジとの組み合わせが、

たまらなくおいしかったのです。

 

それを食するのは我が家ではめったになく、

誕生日やクリスマスなどの特別な日のみでした。

つまり、このケーキはそう簡単には食べることのできないものだったのです。

だから、これを前にすると今でも緊張します。

 

多分あの頃に対するノスタルジアや感動の記憶から、

他のもっと見た目艶やかなケーキたちには目もくれず、

今日もおチュウはイチゴショートを注文し続けるんだと思います。


深夜の怪音

一瞬、なんだろう? と思いました。

夜も更けて辺りの静けさを切り裂く、

地響きのような振動を伴った、

ゴーゴーという周期的な怪音

Exif_JPEG_PICTURE

いびきだ!

わかるのにしばらく時間を要しましたが、

気になりだすと中々眠れず、

焦る気持ちとは裏腹に

無情にも時間は過ぎていきます。

 

ここは旅先のホテル

お隣さんも疲れているのでしょう。

先に寝たもの勝ちだね

おチュウは諦めてお茶でも飲むことにしました。

 

それにしても、

もう少しましなホテルにすればよかったなあ。

いや、

むしろいびきのスケールが想定外なのか?

難しいところだなあ。

 

てなこと、

冷静に考えてる場合じゃないよ。

寝たい! 眠れない! 苦しい!


何してんの?

時に意味が分からず、

立ち尽くすことがあります。

 

とある公園を散歩していたときのことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池に目をやると、

一羽のハトが水に浸かり、

じっとしているではないですか!

怪我でもして身動き取れないのかな?

そのような気配はない

もしや水浴びか?

でも動きもない

何してんの?

 

通り過ぎたものの気になり、

戻りました。

 

それから10分ばかり対峙しました。ハト君と

すると、

何の前触れもなく、

突然動き出し

何事もなかったかのように飛んでいきました。

 

お前こそ何してんのと、

おチュウに言ったようにも見えました。

 

あほらしい!

時間の無駄

でも何してたんだろか?