寒い日は熱い鉄板を囲みお好み焼き

冬期限定のカキの入ったお好み焼きです。

老舗のお好み焼き屋で、
千草」と言い大阪では有名なのですが、
これがまた細い路地の分かりづらいところにあるのです。

特にカキの入ったお好みが気に入っておりまして、
寒い日に熱い鉄板を囲み
ふうふう言いながら食べるの最高です。

ゆうチュウさんが
もうそろそろ行かないと、冬場限定だからね
と言うので行ってきました。 😀

くそ暑い夏場は寄り付きもしないのですが、
冬場になると懐かしくなる。
不思議なものです。

カキのお好み焼きと焼きそば大
それを二人で分けるのですが、
程よい量でこれでこの冬も満足

たぶん次の冬まで来ることはないでしょう。
なぜか冬場一回だけ  😳
しかもここ数年同じもの食べ続けてます。

しかし、お好み焼きって
具材がなんであれ写真写りはみな同じですねえ 😯

お好み焼きの季節

寒い日が続いています。

しんしん冷えこんでくると、
熱が欲しい! そう思います。
食事をしながら暖を取れるとこはないのか?

ゆうチュウさんとどこかで一足早く
クリスマス会ということになったのです。

街は若者たちがで溢れ、
それなりの雰囲気は醸し出しているのですが、
どこへ行こうかとうろうろ

老いたおチュウたちは考えた挙句、
お好み焼きがあるじゃないか!
これなら同時に鉄板の前だから暖もとれる。

ということで、
どちらかというと忘年会の言葉がぴったりの食事になったのです。
それも昼でもない夜にはちょっと早いという
中途半端な時間帯でがらんとした店内。

ここのお好み焼きはカイワレがわんさか盛り付けてあり、
シャキシャキ感が何とも言えずおいしいのですが、
ちょいと失礼してビールも飲んじゃおう!

ということで、
一足早いクリスマスを二人で味わいました。

食欲という邪念

ゆうチュウさんと久々のお好み焼きです。

涼しくなり
やっと鉄板の前に座ろうという気になりました。

久しぶりだから
ちょっと写真でも撮っておこう!
そう思い店に入りました。

注文する時点では
たしかにそう思っていたのです。
が、気が付くと あ~れ~! “(-“”-)”

もうほとんど残っておりません。
余りに食欲が前面に出てしまい、
お好み焼きを見た瞬間、
写真のことなんか忘れてしまい、
食べることに集中してしまったのです。

まあ、しょうがない。
これでも撮っておくか!

ということで、破片を撮りましたが、
数分以内にはこれもなくなっていたのは言うまでもありません。