初夏のころ植物にエネルギーをもらう

淀川の土手に至る坂道の脇に顔を出していました。

イタドリです。
おチュウの田舎ではいったんこと呼んでいましたが、
酸味のある茎をかじったりお浸しも可能です。

古来生薬として使用されているようですが、
食べられるのは若いうちだけです。

すでに旬は過ぎだいぶ堅そうです
こうなってしまってはどうしようもなく、
竹になりかけのタケノコのようなものです。 😳

もう少しすれば葉が青々と茂り巨大化します。

その頃にはマメコガネがどこからともなくやって来て、
葉が食い荒らされボロボロの惨状に ‥‥
毎夏の光景です。

しかしほんの数日でこの成長です。
今まさに大きくなろうとしている、
その勢いがうらやましくもあります。

人でいえば二十歳ぐらいの頃でしょう。
四季でいえば初夏の今

勢いのあるイタドリに、
エネルギーをもらったおチュウでした。

 

コガネムシ、食欲の季節

散歩の道すがら

ふと横を向くと、

イタドリの葉が無残にもボロボロの状態

Exif_JPEG_PICTURE

おチュウが不審に思い覗き込むと、

コガネムシたちが一心不乱に食事の最中でした。

君たちか、

この惨状を作ったのは?

イタドリも気の毒になあ。

せっかく大きくなろうと、葉っぱを広げても全部食い尽くされてしまう。