こんな所でミンミンゼミを目撃

夏も後半に差し掛かった今日この頃です。

蝉の鳴き声もやや勢いに欠け、
そこはかとなく秋の気配を感じかけていたのです。

いつもの遊歩道、そして早朝です。

ふと足元を見ると蝉の死骸が一つ
でもありがちなクマゼミでもアブラゼミでもない‥‥

これは‥‥ ミンミンゼミやおまへんか!

大阪に来て20年近くになりますが、
ミンミンゼミを初めて見つけました。

いたんだね 😀  でも、ひっそりと 🙁

クマゼミの鳴き声にかき消されていたけれどいるにはいたんだ!

せめて生きている間に再開したかったが‥‥

でも、なんとなく虫好きのおチュウにはうれしさが込み上げてきました。

来年も会えるでしょう。
ぜひ生きてる姿を見たいと思ったのです。


にほんブログ村

早いものでクマゼミの大合唱の季節来る

遠くでクマゼミの鳴き声を聞いて数日たちました。

昨日大川沿いを歩いたのですが、
か細い鳴き声は力強い大合唱へと変貌していました。 😕 

木の幹には抜け殻が目立って増え、大挙して地上に出現した模様です。

これから一ヶ月、毎朝割れるような大音響に
脳みそが共鳴し溶けてしまうような状況が続きそうです。

とはいえ、子供のころから親しんできた蝉たちですから、
今年も無事に会えてホッとしているおチュウであります。 😉 

とかく温暖化やら自然環境の破壊やらネガテイブな話題の多い昨今なので、
せめて長い地中生活を耐えた勇姿に拍手を贈りたいと思うわけです。

おチュウ自身もまだ昆虫愛は残っているようで少しホッとしています。


にほんブログ村

路面のアブラゼミにふと思うこと

虫好きのおチュウではありますが、
このところ道端に転がっている蝉の死骸を見るにつけ
季節の進みを実感します。

大阪で蝉といえばほとんどクマゼミなのですが、
まれにアブラゼミが路面にいるのを見つけると
何となくうれしくもなるものです。

ところで、
故郷和歌山では8月の中旬以降になると
ツクツクボウシが盛んに鳴き出すのですが、
ここ大阪市内では全く鳴き声を聞くことはできません。

生息域がそもそも異なり
最初からツクツクボウシがいないのか、
以前いたのが環境の変化でいなくなってしまったのか、
おチュウには分かりません。

ひょっとして和歌山でもツクツクボウシが少なくなっていたらと、
ちょっと気にはなった次第です。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

なんとかしてくれ! この暑さ

おチュウは思わず叫んでいました。
まだ梅雨明け宣言のない大阪ですが、
このところの晴れて高温多湿の厳しい暑さからして
とっくに梅雨なんて終わっているはずです。

気象庁の方々にもいろいろ事情はお有りかもしれませんが、
ここは勇気をもって梅雨明けを高らかに宣言していただきたい。

ところで、
それは言葉だけの問題ですが、
宣言したところで暑さがどうにかなるというものではありません。

このところ朝からクマゼミがじゃんじゃん鳴いています。
過去をひも解くと
7月2日にすでにクマゼミの鳴き声を聞いたと
おチュウは日記に書いていました。

それから2週間
すでに路肩の植え込みにはごらんの通り
セミの抜け殻が所狭しとくっ付いています。

たぶんいい場所というのがあるのでしょう。
セミでないおチュウには分かりませんが ‥‥

しかし、これから2か月はうだるような暑さが続くと思いますが、
皆さまお体にはご自愛ください。

 

【送料無料】フロム蔵王 HybridスーパーマルチアイスBOX24【アイスクリーム】

価格:3,000円
(2017/7/18 07:29時点)
感想(5523件)

ミンミンゼミ

Exif_JPEG_PICTURE

8月21日 朝

なぜかおかしい

おチュウはしばらく考え —–

 

そうか!

セミの鳴き声が聞こえてこない

連日のうるさいほどのクマゼミたちが

ついに今年も終わりを迎えたようです

 

暑い日が続こうとも

命を永らえることはできません。

ふと物のあはれを感じました。

 

それから一週間

静寂な朝が続き、

外を歩いていると

ミーン、ミーン、ミン

?????

 

あれ?

ミンミンゼミ ——-

 

数が多く勢いのあるものが

長生きすると限りません

 

クマゼミの鳴き声に隠れていたミンミンゼミ

うるさいのが去ったため

やっと日の目を見たのでしょう

 

おチュウは少し感じるものがありました。

恐竜時代の哺乳類のようなもの?

ちょっと違うけど