金運なるもの

生まれてこの方、当選したとかくじが当たったとか、
そんな経験がほとんどないおチュウです。

それそろ人生に一度くらいは良いことがあっていいんじゃないか。
ところが、先日の有馬記念もはずれ、
年末の大抽選会も10回福引を引きすべて末等
ちなみに末等というのははずれという意味で飴玉1個です。

そこで、ゆうチュウさんの勧めもあり、
招き猫を導入しました。

それがこれです。
数年前に旅先で買ったのが、
埃被ってたので引っ張り出しただけですが ‥‥
まあ縁起物ですから、きれいにして飾っておきました。

これで年末ジャンボへの期待も若干膨らむというものです。

しかし、人間というもの何歳になっても発想自体は子供のころと大して変わらないものです。

三つ子の魂百までというところでしょう。


にほんブログ村

金運全開

Exif_JPEG_PICTURE

まばゆい限りのキンキラ感

そして、

過去の実績を最大限に宣伝し

購買意欲を誘う。

さらに、

“本日は大安吉日”とあり

“買うのは今でしょ”とばかりの

陽動作戦

 

フラフラしかけたものの

何とか我に返り、

平静を装い通り過ぎましたが ——

Exif_JPEG_PICTURE

ほんの数メートル歩くと、

金運招き猫のオンパレード

 

なんだ、この通りは!

思わずおチュウは倒れそうになりました

 

ほんま大阪商人はすごいわ!

 



招き猫と張子の虎

 

先日旅先の太宰府天満宮参道脇の土産物屋で、

景気よく手を振り続ける招き猫が気に入り、

購入しました。

リビングに飾っています。

ソーラー式で、

明るいうちは手を振り続けてくれます。

便利な世の中になったものです。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっと前までは

自分で猫の手を動かしたり、

それ以前は

固定で動きませんでした。

 

だからどうだというものでもありませんが、

こんなところにもハイテクの波が —–、

という感慨はあります。

 

ふと張子の虎を思いました。

ずいぶん前ですが、

旅先の金沢で買い、

おチュウの部屋に飾っています。

Exif_JPEG_PICTURE

張子の虎は、

ずっと昔からあの形式で、

触れば首を振り、

放っておけば程なく止まり、

以降不動の状態です。

ソーラー式は出現していません。

 

うーん、

ソーラー式は似合わないかもね。

頭は時々動かすからいいんだ。たぶん

手の振りは、

呼び込む意味はあるけれど、

首振りに、

深い意味はない。

伝統工芸だしね

 

てなことを考えてるおチュウでした。