人とハトの距離感

近ごろ周りではハトの数が増えている気がするのです。

公園や空き地にたむろしているのですが、
ベンチに座るとすばやく様子を覗いに来ます。
次にスズメで遠くにカラスの順番

生き物ですから、
食べ物を探すのは当たり前です。
生きている限り、いや生まれてしまったからには
生きるために食べ物は必須です。

しかし、増えすぎるとこれまた人間社会と軋轢が生じます。
たとえば、糞害!  👿
おチュウも頭の上に複数回やられました。

元はといえば、飼っていたハトを誰かが手放したのでしょう。
鳥側に非はありません。
今となってはどうでもいい話です。

しかし、ときどき餌をばらまいている人々を見かけますが、
それはほどほどにしてもらいたい。 😕

生き物に餌をやることは、
それ自体命をいつくしむ行為でもありますが、
やり過ぎるとバランスが崩れ個体数が増えてしまいます。

 

ハトの糞害対策・最終結果発表

Exif_JPEG_PICTURE

ベランダにネットを取り付け、

様子を見ること一週間

 

ほぼ毎日襲来してきたハトたちを

この間一度も目撃しませんでした

ベランダも糞害の気配はなく

きれいなものです

 

おチュウたちは勝ったのです

ゆうチュウと状況分析を行い、

そう判断するに至りました

 

心の底から安心したわけではありませんが、

明らかにネットはハトの心理に負荷をかけ、

飛来の邪魔をすることに成功したのだと思います

 

今までのイタチごっこは何だったんだろう

もっと早く気づいておけばよかった

糞に浸食された塗装は元には戻らないし —–

 

終わってみると

いろいろと後悔も浮かんできますが

それはぜいたくというもの

そう思うことにしました

 

ここに慎ましやかながら

勝利宣言をしたいと思います

バンザーイ!

 


ハトの糞害対策2

Exif_JPEG_PICTURE

結局CDぶら下げても

だめでした

わかっていました、おチュウには!

 

こんなちゃっちさでは

ハトの失笑を買っただけでした

自分でも笑ってしまうくらいですから

 

観察していると

まず手すりに降り立ち

ベランダに侵入するようです

 

ならば、

手すりに降り立てないようにすれば!

 

思案の末、

ネットを購入することにしました

Exif_JPEG_PICTURE

“鳥よけネット”

ちゃんと通販で売っているんですねえ

 

世の中苦労されている方々が

いかに多いということでしょうか

 

さっそく取り寄せました。

Do It Yourself で木製の棒を買ってきて、

ハトが手すりに止まれないようにしました

 

あまり高く張りすぎると

おチュウたちがおりの中にいる気分になるので

これでしばらく様子を見ることにします

 



ハトの糞害対策

Exif_JPEG_PICTURE

先日紹介した糞害の話ですが、

いつまでも憤慨していては

神経が持ちません

 

いつもの緩い日々に戻りたい!

何か対応策はないものか?

悶々とした時間が過ぎ ——-

 

散歩中

2階の物干し台に

CDをいくつもぶら下げている家を発見しました

これだ!

 

そういえば、

鳥は

丸いものに警戒心を持つと

聞いたことがあります

 

蝶はそれを意識して

ジャノメアゲハは

ハネに丸いジャノメの紋様がある

との話も思い出し、

さっそくぶら下げてみました

 

太陽光が当たれば

片面は金属様の光沢があり

絶妙の反射をします

 

これでOKと自己満足の世界に浸り ——-

 

チャチだと笑わないでください

おチュウとゆうチュウは真剣です

でも内心は子供だましのようだと思っていますが —–

 

しばらくハトの出方をうかがいます。


ハトの糞害に憤慨の日々

Exif_JPEG_PICTURE

はるか昔

平和の象徴としてもてはやされた

ハトたちです

 

今もそのイメージを

年配の人たちは持ち続けているのではと思います

 

でも我が家では

そんな状況ではなくなりつつあります

 

ベランダに飛来しては

情け容赦のない糞攻撃を仕掛け

飛び去るのです

 

なんとか穏便に遠慮願いたいと

いろいろ対策の思案中ですが、

おチュウとゆうチュウの質の悪い脳みそでは

良い知恵が浮かぶわけもなく ——-

なかなか有効な手を打てません

 

その姿を見つけると

地道に追い払うという

原始的な対応の繰り返しです

 

良い案があれば、

お知らせください!