遊覧船の魅力

毛馬の閘門を通り大川から淀川へ
今まさに遊覧船が出ていこうとしていました。

秋晴れの日、
青空が広がり空気も澄んで絶好の行楽日和です。

おチュウはせっせと遊歩道を歩きやっと淀川堤へ ‥‥
急に視界が開け河川敷から対岸まで一望できます。

しばらく通り過ぎる船を見ていました。
でもこの景色はいつもと同じです。 😕

船の魅力は? ふと考えてしまいました。

たぶん川から陸地が見えることでしょう。
いつもと逆の視界が広がり、
いつもは気づかないような光景が広がります。

そういえばおチュウはしばらく船に乗っていません。
以前は海釣りをしていた関係でよく船に乗りましたが、
普段と違った景色も楽しみの一つでした。

あの遊覧船に乗って見たくなりました。 😀

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村
↑ポチっと押していただければありがたいです。

遊覧船もそろそろつらい時期になる

対岸正面の木が左側だけ紅葉し右半分が緑のままです。
ちょっと不思議に思い見ていました。

たぶん緑の方が南側なので、
日に当たる時間が長く、
そのぶん左右で季節の歩みに時差があるのではないかと、
おチュウは推定したのであります。

そうこうするうちに、
右手から船がやってきました。
小型船です。

正面を通り過ぎるころ、
船首に5,6人座っているを確認!

けっこうなスピードが出ている関係か、
風を受けなんだか寒そうです。

むき出しの遊覧船はそろそろ限界か?
展望はいいんだけどね。
風邪引いてはもともこもないし ‥‥。



遥かなる近江今津

Exif_JPEG_PICTURE

湖北の方には行ったことがないなあ。

北陸に行く途中 通過したことはあるけど

土地を歩いたことはない。

 

一度行ってみよう

青春18きっぷもあと一回分残っている。

 

ということで、

近江今津に行ってみました。

この辺じゃまあまあの駅のようだし、

何しろ新快速が止まるのだから

それ相応の町に違いありません。

 

しかし、

京都駅で車両が切り離され

12両が4両に

しかも、

途中から各停になっちゃった。

 

Exif_JPEG_PICTURE

駅に降りると、

様子がその ——

ホームの売店が完全に店じまい状態、

ジュラルミンの箱と化しています。

 

山手の方は

余り特徴も見られなく —–

しかし、人がいないなあ

新緑の頃は、

良いところかもしれない。

 

Exif_JPEG_PICTURE

逆方向に歩くと

すぐ琵琶湖に出てしまい遊覧船乗り場が —–

少し迷ったけど

天気も良くないし

また出直そう。

 

急に雑踏が恋しくなってきて

30分で観光終了!