時の移ろい

土手には、

ヨモギの花が一面に咲きほこり、

遠くには、

サッカー少年たちの整地をする姿が —-

Exif_JPEG_PICTURE

耳を澄ませば、

コオロギの鳴き声が

あちらこちらから聞こえてきます。

 

穏やかな午後のひととき

 

 

突然、彼方から轟音が近づき、

見上げると、

空港に向かうジェット機の姿が —–

Exif_JPEG_PICTURE

目前の旅の終わりは、

近づく現実のスタートでもあり、

機内はすでに着陸後の予定を頭の中で整理し、

今や遅しと

その時を待っている人々がいるはずです。

 

 

わずか頭上数百メートルを

ハイテク機器とその世界の人々が移動していく。

この土手を過ぎゆく緩やかな時の刻みとは、

無縁の世界です。

 

ほんの少し前までは、

頭上の人だったおチュウには、

このコオロギたちと過ごす時間も

同じ時の速度とは感じられず、

不思議です。

 

 

前の記事

ミドリガメの憂うつ

次の記事

旦過市場の賑わい