縁台のある風景

先日 旅先の伊勢で、

おチュウたちがうどん屋で一息入れたときのことです。

縁台が並んでおり、

その一つに腰を掛け食べました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うどんはともかくとして、

縁台から眺める目線の高さがまったく違和感がなく、

同時に、

何とも言えない懐かしさを感じました。

 

そういえば、

小さい頃隣近所にはあちらこちらに縁台が置かれていて、

友達やいとこたちとその上でよく遊んだものでした。

 

陽の傾きかけた夏の日、

祖母が庭に打ち水をした後の

何とも言えない

蒸し暑さと涼しさの入り混じった空気や、

近くの松の大木から聞こえてくる

アブラゼミの気だるい鳴き声、

一瞬蘇りました。


前の記事

桜の切り株

次の記事

不思議な旗