再び大みそか、近づく!

またあの悪夢がよみがえるのです。

数年前、

新年を迎えようと旅館を予約し、

決して安くはない宿泊費を払い込み、

意気揚々と出かけた日のことを ——

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

部屋に通されて目にした光景は、

何の説明もなく

テーブルに置かれたカップ麺2(写真はその時のもの)

これ食って年越せというんだね!

 

思わずゆうチュウと顔を合わせ、

沸々沸き起こる憤り、絶望感、落胆、いろんなものが詰まった感情 —–

一応料理自慢の温泉宿という触れ込みだったのだが —–

 

毎年大みそかになると

必ず思い出す忘れがたい思い出です。

 

でも、

後々まで思い出すのは、

楽しかったことよりも、

案外このようなあり得ない出来事の方が

鮮明に記憶に残るのかも知れません。

 

良い思い出ではないけれど、

なつかしい経験にはなりつつあります。

 

毎年一年に一度思い出し、

二人で散々けなして すっきり新年を迎えます。

おチュウたちの年中行事になりつつあります。

 

前の記事

冬の昼下がり

次の記事

足掛け二年分