“トンビがタカを産む”に思う

Exif_JPEG_PICTURE

電柱にとまり、

悠然と辺りを見渡す

気高くも凛々しい姿!

 

ピーヒョロロのトンビの方ですが、

これはこれで十分存在感があります。

どこが不満なのでしょうか?

 

なんで“トンビがタカを産む”などと

不名誉な代名詞として

ことわざに採用されてしまったのか

おチュウには理解できません。

 

さらに進んで、

“所詮トンビがタカを産むわけがない”とか、

何の落ち度もない子孫までも軽んじる言動が

人間界には散見されるのですが、

きっといい加減にしてくれと

言っているに違いありません。

 

困ったものです。

そんなこと言われても、

昔からトンビはトンビでやってきたのです。

初めからタカではないのですから

 

ところで、

おチュウとゆうチュウにも

秋には孫が誕生する運びとなりそうですが、

当然ながら

トンビとかタカとかいう話ではなく

生まれてくるのは人間です。

 



前の記事

裏通りのほっこり感

次の記事

緊張感のある店