猫 VS 犬

決着は付きつつあるのかもしれません。

おチュウにはそう感じられました。

 

長く猫と犬の

優位性が論じられてきましたが、

少なくとも

坂の多い街での生存競争において、

犬は劣勢であることは確実です。

Exif_JPEG_PICTURE

先日 坂の多い、

というかほとんど坂だけの尾道で

犬はその気配すら感じられませんでした。

 

しかし、

猫たちは繁栄し

あちらこちらで

たくましく生きていたのです。

 

これまた坂だらけの長崎でも

同じ光景を目にしました。

 

犬は石段に弱く、

高齢のおばあさんに抱っこされて

移動しているという、

情けねえ現場を目撃したのです。

 

平地ではどうか?

狭い路地裏に

瞬時に隠れる身のこなしや

塀をよじ登る脚力

このような車や人から逃れる

身体能力において、

到底犬は猫に及ばないのです。

 

ペットの世界では、

両雄並び立っていますが、

野良の世界では

犬はほとんど見かけなくなり、

猫はしぶとく生きています。

 



前の記事

桜に集う人々

次の記事

大川の桜