ラーメンの評価はむずかしく

Exif_JPEG_PICTURE

旅先で、

ある通りに出た時のことです。

眼前に広がるのは、

ラーメンの幟の数々

恐らく有名なラーメン街なのでしょう。

せっかくの出会いなので、

食べてみることにしました。

でもおチュウは困ってしまいました。

“一体どの店のラーメンがおいしいのですか?”

“うちに決まっているだろう。”

どの店もそう言うに決まっています。

でもそれじゃあ、

食べたことのないおチュウには全く分かりません。

ずいぶん迷いました。

でも、それは —–

ラーメン見て悩んでいるのではなく、

店頭の幟のデザインや暖簾の様子で悩んでいるだけ

非常につまらない

中身のない迷いであることに気づき、

一番古そうな店に入りました。

Exif_JPEG_PICTURE

一番長く続いている

→ もっともオーソドックス?

→ 無難?

ここはリスクを冒す状況ではありません。

食べたのが写真のラーメン

ねぎラーメンだそうです。

おいしかったです。

でもほかの店のラーメンは?

分かりません

でもすでに満腹!

せめて比較のためにもう一杯ぐらい食べたいのだけれど

この通りのイメージは、

この店のラーメンで決定してしまいました。

おいしいけど、特に特徴もなく ——–

リスクを冒さなかったので

当たり前なのかも ———-。



前の記事

朝だ!ペッパー君

次の記事

行雲流水