およそこの世は

Exif_JPEG_PICTURE

ヤギであろうと人であろうと

そんなの関係ありません。

日がな一日、

草を食べゆったりと過ごして

夜になれば朝まで寝る。

ただそれだけのことです。

全てに等しく時間は与えられ

そして過ぎて行きます。

道行く人は、

先の予定を思い浮かべ歩を進めますが、

小屋で寝そべっているヤギも一日は同じです。

優劣なんかありません。

結局最後にどうだったのか

どう思えたのか

それだけのことです。

たぶん ——-

おチュウの人生は

一体何だったのでしょうか?

それなりに意味があったのかも知れません。

そう考えるようにしています。

まだ終わってないけど ——-

ヤギ小屋でのんびりしている

ヤギを見て

ふとそう思いました。


前の記事

不思議な光景

次の記事

祝 300回