今年もツバメの雛を確認

連休最終日の昨日、人通りの少ない道を歩いていました。

すると、前方のガレージの中からツバメが飛び出してきたのです。
中を覗いてみると巣が出来ていて雛が四羽確認できました。

おチュウは思わずほっとしました。
年々ツバメを見る頻度が少なくなっていることもあります。

今年もなんとか雛が生まれていたのがわかり、
安堵感と嬉しさが込み上げてきました。 😉 

20年前四国に住んでいたころ、
毎年我が家のガレージにツバメが巣を作り、
多くに雛が巣立っていきました。

田舎だったせいもあるのでしょうが、
虫がふんだんにある環境は大阪ではさほど多くはありません。
ツバメにとっては厳しい環境なのでしょう。 🙁 

にもかかわらず毎年やってくる律義さに、
思わずありがとうと言ってしまいたくなりそうです。


にほんブログ村

前の記事

泉の広場

次の記事

近づく水の季節