習慣とは恐ろしいものでして‥‥

マスクのことですが‥‥

はやり病のおかげですっかり着用が習慣化してしまいました。

このクソ暑いさなか、ちょっと歩くだけで息苦しくなり、

酸欠を肌で感じることもあり、

本来ならむしろ熱中症を心配すべきなのです。 🙁 

そうはわかっていても気がつけば着用している。

どうして?

なんとなく安心感があるのです。

人の視線を気にすることもいらないし‥‥

なんて、実にばかばかしい。 👿 

政府も周囲に人がいないときは外してくださいと言ってるわけです。

しかし、すでに習慣化してしまっている。

ベンチに一人座り、景色を見ながらちょっと休憩、

周りを見渡しても人っ子一人いません。

そんな静けさの中、ふと気付けばマスクをしている自分を発見!

どうしてそれに気付いたのかと言えば、

ちょっと息苦しいなと思い‥‥

ばかばかしい、明らかに!

すぐにはずしたけど、習慣とは実に面倒くさい 😕 


にほんブログ村

前の記事

巨大台風の季節

次の記事

マンモスの鼻