三つ子の趣味百まで‥‥

大川と淀川の合流地点の近くですが、老夫婦と覚しき二人が釣りをしていました。

しかし、この時期に何を釣っているのか?

川釣りの経験に乏しいおチュウでありますが、稚鮎の類いでしょうかねえ?

いつもこの辺で粘っているおじさんたちは巨鯉釣りだと相場が決まっていますが、

竿がこれだと耐えきれませんがね

 

しかし、釣り人はどんな場所であろうが、水があればそこには魚がいると思うのでしょうねえ

おチュウもかつてはその類いの釣り人でした。 🙁 

あのおじさんたちの小さい頃はこの辺りはもっと釣りに適した環境だったのでしょうね

つまり、あの頃が忘れられず今でも記憶を追い求めているのかもしれません

三つ子の趣味百まで‥‥?

 

次の記事

地味な紅葉