見覚えのある雑草に再会

最近大阪市内に空き地を見かけることが増えました。 😕 

以前のようにびっしり家がひしめき合っていた頃とちょっと違うような‥‥

ところで、どのような場所でも空き地ができれば、瞬く間に雑草が生い茂るものですね。

ご覧のように雑草にしては背丈の高い、まるで針葉樹林を思わせる草でボウボウ状態です。

信号待ちの間眺めていると、この雑草に見覚えがあることに気付いたのです。

子供のころ、冬場にこの雑草でよく遊んだ記憶が蘇りました。

まだ背の低い子供たちにとって、背丈の高い雑草たちは槍や刀にちょうどいい長さなのです。

冬になると枯れて簡単にポキッと折れ、枝をそぎ落とすとたちまち遊び道具として重宝できました。

いわば子供にとっては遊ぶための重要な素材であって、

そういう意味で雑草とは呼べないのです。

名前も知らない草ですが、元気でやってるねと懐かしい気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です