ヒーローものにはまだ早く‥‥

以前息子家族と大阪市北区のOAPタワーに立ち寄ったときのことです。

たまたま休日ということもあったのでしょうか、ウルトラマン関連のヒーローものの撮影会が予定されていました。

ちょっとしたミニ舞台が設置されており、整理券を配布する場所やウルトラマンの等身大(?じゃあないとは思うけど)の写真など‥‥

広場では子供たちが今か今かと待ちわびて、はしゃぎ回っております。 😐 

 

ちょうど良かった!

孫をウルトラマンの写真の方に促したのですが‥‥

なにそれ?的な冷めた態度 😯 

つまり、興味なしね

今は盛んにトミカのミニカー収集に熱を上げている段階で、テレビものではえーっとアンパンマン?ピカチュウ?いや機関車トーマスだったか?

まあ、ヒーローものはまだ少し早かったか‥‥

でもせっかくだからと、ウルトラマンの前に立たせて写真を1枚

 

発育段階に応じて子供の興味は次々変わっていくのでしょうねえ。

しかし、考えてみればおチュウにも子供はいたわけで、その時はどうだったかと思いを馳せてみたのですがね。

小さい頃」というジャンルが頭の中に一つあるだけで、時系列で整理されていません。

ごった煮の鍋の中に個々の思い出が浮かんでいるようで‥‥

まあ、その時々で一生懸命だったため、整理する余裕もなかったってことでしょうか?

それが、孫となると当事者ではなくなるため、距離を置いて見られるということなのでしょうねえ