消費期限の先のものはなかなか食べない不思議

スーパーで買い物! 😀 

肉に野菜それに惣菜、カップ麺と冷凍チャーハンも……

今日は何を食べようかと夢は広がりますね

 

しかし、買って帰っても消費期限の先のカップ麺や冷凍物は一定数在庫的に残り続けます。

そのうち忘れ去られたりして…… 😳 

感覚的には半保存食であり、今すぐ食べる必要もない。

いわゆる非常時用としてのイメージが芽生え始めるのです。

 

今日明日の食事を考える上での優先順位はかなり低くなります

スーパーで買ったときは今すぐに食べたいと思ったのですが、不思議なものです。

今日食べなくてもという先延ばし感は、同時にまだ家には食料があるという安心感も提供してくれます。

例をあげると、缶詰、レトルトもの(カレーその他)、カップ麺、冷凍物(チャーハン、パスタ)、インスタントラーメン

 

しかし……いずれ消費期限はやって来るのです

ある日、日付を見て驚くのです!

もうあと三日しかないとか……

それからチャルメラばかりの日々なんてありましたけどね

あんまり豊かな食生活送ってませんよね 😉 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です