当たりもののわくわく感

欲しいものを手に入れたいと思った場合、店頭で売っていればそれを買えばいい訳ですが、

くじでしか得られない場合、多くはレアものということになります。

そこでくじを引くわけですが、そう簡単には当たらないわけです。

すると、もう一回、さらに一回…… 😕 

それそろかというわくわく感は何度も打ち砕かれ、延々とくじを引き続けてしまう。

外れれば外れるほどに熱くなり、手に入れたいという願望はさらに強くなりますが、反比例して冷静さは失われていくのです。

 

それは人間を始めてわずか数年の子供でさえ、近所の駄菓子屋ですでに経験するわけですね。

その後、人生でくじをを引く機会は幾度も有り、都度必要以上の出費を強いられるわけですが、

ごくまれに出会い頭に欲しいものを当ててしまうこともあります

それはあくまで確率の問題に過ぎないのですが、

でも記憶にはその時の幸福感が強く刻まれてしまう

獲物を追い求める執念は、人それぞれで、性格にもよるのでしょうね。 🙄 

どこかの段階で、所詮当たりものはこんなものだと思えれば、その後の人生もずいぶん変わったものになるのかもしれません。

競馬好きの元同僚がいまして、才能ある人でしたが馬を前にすると、魅せられたように湯水のごとく金を使ってしまう。

ふと彼は今どうしているのだろうかと思ってしまったのですが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です