マルシンハンバーグって知ってますか

巷にはハンバーグが満ちています。

いろんな店でいろんなハンバーグがあり、売りにしています。 😉 

また、昼ともなると店先には弁当が並び、必ずそこにはハンバーグ弁当があります。

しかし、おチュウはハンバーグといえばマルシンハンバーグなのです。

好きとか嫌いとかそういう次元の問題ではありません。

中学・高校時代、昼は弁当でしたが、問題はおかずです。

卵焼きと並んで、マルシンハンバーグが相当な頻度で入っていたわけです。

当時はそれしかない時代でしたから、ハンバーグといえばマルシンハンバーグと心に染みついるのです。

その後、時代は移り巷にはいろんなハンバーグが出回ることになります。

すると、マルシンハンバーグの存在は相対的に低くなり、すっかり忘れてしまったのですが……

 

先日、都島のロイヤルホストへゆうチュウさんと出かけましてね。

ハンバーグを注文! 😀 

そのとき、ふと思い出したのです。

そういえばマルシンのハンバーグは今も生きているのかと……

ロイホスのハンバーグとは味においても見た目においても比較対象にはなりませんが、

あの一時代大変お世話になった、袋を開ければ白い油が表面にこびりついていて、そのままフライパンで焼くことができ、あのちょっとかたくて、箸で突いても肉汁なんか出るはずもない……

あれがハンバーグだと思い込んでいたマルシンのハンバーグは元気なのかと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です