老骨に鞭打つのは難しい

 

大川沿いの遊歩道です。

寒さも和らぎ晴天ともなれば、ジョギング姿の方々も増えてくるのですね。

若者はスイスイとこともなげに追い抜いて行きます。 🙁 

無論、おチュウはすでに走るのを諦めていますから、出来るだけ早足で歩こうと一応頑張ってるわけです。

ところが、最近のお年寄りは結構すごい!

ジョギングやっている爺婆が多いのです。

しかし、悲しいかな明らかに走っている姿勢というかバランスが若者に比べ悪いのですが、

そこはそれ……走れるだけでも大したものだといわなければなりません。 😉 

 

どうぞお先にとばかりやり過ごすのですが、

でもどちらかと言えば、私も走ってみたいという気持ちの方が強いのです。

しかし、もう走れなくなったこの体が憎らしい!

さらにショックなのが、後ろから年配女性が歩いてきまして、どんどん迫ってきます。

これはいかんとストライドを伸ばして頑張っているつもりが……、涼しい顔して追い抜いて行きました。

あーあ、こんなショックはありません。

 

と、また後ろから年配の方が迫ってきます。

しかし、もう頑張れない!

やおら、川面の水鳥の写真を撮る振りをして横に逸れたりなんかして!

こっちはこっちでやることがあるんだってな亭でね。

ちょっと悔しいけど、精一杯歩いてこの程度ということが分かりました。

ある晴れた日の一コマです。