桜吹雪の果てには

今年の桜もほぼ終わろうとしています。

数日前から風が吹くたびに桜吹雪が舞い、

なんとなくものの哀れを感じていたのでありますが、

こうして散った花びらが水面を埋め尽くすほどに流れている姿を見るにつけ、

次の若葉の季節にも思いを馳せてしまうところです。 😕 

このところ、気温も一気に上昇しており、これも気持ちの変化を誘う要因なのでしょうねえ。

ずっとクシャミと鼻水が続いていましたが、いつの間にか静まっていました。

花粉の季節も過ぎつつあるのでしょう。

しかし、毎年春になるとこんな状態だと桜の花を見ても気分が晴れません。

来年こそはなんとか対策を考え、ゆっくり花見を楽しみたいとは思っていますが、

もちろん、花粉症の原因は桜ではありませんから念のために!

前の記事

飛翔橋からみる景色

次の記事

夜と朝の間に