人の寿命って占えるのですかね?

人通りの少ない路地裏で、よく見かけるのは占いとか質屋といった店

やはり、人目をはばかる事情を、誰しも持ち合わせているのでしょうか。

ところで、先日路地裏を歩いていると、やはり占いの文字を見つけてしまいました。

 

そういえば……、今年いただいた年賀状に、本年をもって新年の挨拶を卒業するというのがありました。

私自身高齢者の仲間入りを果たしているのですから、諸先輩方の中にはかなりの年齢の方もいらっしゃるはずです。

その賀状には、若い頃どこかの易者に占ってもらったところ、あんたの寿命は77才までだと言われたらしいのです。

そして、今年76才になるため、そろそろ賀状を卒業するとのことでした。

 

ふーん、占いって人がいつ死ぬかも分かってしまうんだと……

本当だとは思えないけど、

まあ本人が卒業したいというのだから、それはそれで構わない話ですよね。

 

と同時に、ふと思ったのです。

その先輩は、若い頃、何処の誰だかわからない易者にあんたの人生77年だ言われて、

ずっとそれを記憶していたことになります。

つまり、そのことがその後の人生に何らかの影響を与えてきたことは明白です。

でなければ、そのことを引き合いに出し卒業なんてわざわざ書いてくるはずもないのです。

 

いつしか、人生設計が77年間で構築されていたわけですから、一寸怖いなあ……

それとも、単に戯れで書いてみただけなのか……

興味は尽きませんが、

ただ、住所は分かっているので数年先に生死確認はしてみようと思います

なんとなく今からわくわくするのはなぜ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。