本格カレー店のカレーライスじゃない食べ物

子供のころのご馳走の一つにカレーライスがありました。

カレーライスの日には、友だちと早めに別れ喜び勇んで帰った記憶があります。

その頃、昭和の40年前後、インドカレー、バーモンドカレー、その後レトルトのボンカレーなど多くのカレーライスが出現!

でも、基本的には味の質は似通っていたので、一応どのメーカーのカレーでも好き嫌いなく食べていましたね。

その構成は、基本的に肉、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンにルーを加えたものだからシンプルなものでした。

 

しかし、いつの頃からか巷では本格的なカレー店が出現、増加の一途をたどっています。時にカリーとも称していますが……

いろんな香辛料を加え、、相当な時間をかけて煮込んだカレーを提供しています。

即ち、これがインドの料理なのでしょう。

小さい頃食べたぼくらのカレーライスとは一寸違う、いやかなり違う!

でも、こちらが本物のカレーだと言われてしまえば、そうかもしれません。

定義の問題で、インドの料理に近いものがカレーだと言えばそうなんだから……

それに比べて、僕らのカレーライスは、家庭でちゃちゃっと作れる程度のものですからね。

ただねえ、問題は美味しいかどうか、その一点に集約されるのです。

 

最近、近くに本格カレーの店ができ、行ってみましたが……、

それは手が込んでいて、まずくはないんだけど、おじさんの期待していたのとは一寸違うかな?

これはきっと別の食べ物だと思った方が良いんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。