木陰で信号待ちは心の余裕

信号の近くに程よく枝の張った木が植えられており、
日差しの強い日は木陰を提供してくれます。 🙄

信号と木の距離は10メートル程度で
赤の間は木陰で休んでいて、
変わったのを確認してから歩き出しても十分です。

でも不思議なものです。
心に余裕のない日や急いでいる時は、
横断歩道のすぐ手前で信号待ちです。 😳

炎天下に汗を拭きながら一刻も早く渡ろうとするのです。

木陰から歩き出してもほんの数秒の違いです。
「どこで信号待ちをするか」で精神状態を教えてくれます。

‥‥で、
本日木陰で信号待ちです。
ちょっとうれしいおチュウでした。 😀

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です