万葉の時代に思いを馳せるも

Exif_JPEG_PICTURE

乗り継ぎの待ち時間、

ふと隣のホームに目をやると、

変わった車両が止まっています。

 

人物と歌が書かれていて

大伴家持、額田王、———-

 

最近、

いろんな装飾や絵を

施した列車が目に留まります。

 

ポケモンなどの漫画系など、

特に記憶に残っていますが、

絵以上の情報発信は感じません。

 

近づく上映や雑誌の宣伝を

目的としているのでしょうか?

 

一方、

写真は当地の万葉の世界を

表現したものなのでしょう。

どれも有名どころの歌人と歌です。

 

万葉の世界に触れることができ、

旅先で

つかの間の旅の気分を味わえる、

これはこれで印象に残りました。

 

が、さらに

車両の古さが

いにしえ感や旅情を助長させていることに、

おチュウは思わず苦笑しました。

 

JRならではの歴史を

感じるところでもあります。

深慮遠謀はないと思うけどね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です